拝察 銀の波と象嵌の金の波が美しくからむ 大角幸枝の銀打ち出し花器

 銀の波と象嵌の金の波が美しくからむ 大角幸枝の銀打ち出し花器  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩7分 2018年3月28日(水)  東京都千代田区北の丸公園1-1  東京国立近代美術館工芸館  入館料210円  〈 銀打ち出し花器 潜龍 大角幸枝 2009年 波が幻想です 18.3.28撮影 〉  この作品は…

続きを読む

拝察 岡山県の備前焼を再興した 金重陶陽の緋襷の水指

 岡山県の備前焼を再興した 金重陶陽の緋襷の水指  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩10分 2016年12月24日(土)拝察  東京都千代田区北の丸公園1-1  東京国立近代美術館工芸館展示室内 《 備前緋襷平水指 金重陶陽 昭和35年 下から萌えます 16.12.24撮影 》  緋襷(ひだすき)は、火襷とも書き、うす茶色の素地に、赤、茶、朱色などの線が「たすき」のようにかかった…

続きを読む

見る メディチ家の紋章のモチーフになりそうな半貴石の唐草模様 

 メディチ家の紋章のモチーフになりそそうな半貴石の唐草模様   サンタマリア・ノベッラ駅 徒歩15分 2015年5月8日(金)見る  Via degli Alfani,78, フィレンツェ, イタリア  Museo dell'Opificio delle Pietre Dure  貴石博物館内 《 半貴石のモザイクでこれだけ細かく表現できます 15.5.8撮影 》  フェル…

続きを読む

拝察 薄く固い繊細な椀、鉢 女性らしい繊細を目指したルーシー・リー

 薄く固い繊細な椀、鉢 女性らしい繊細を目指したルーシー・リー  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩10分 2016年12月24日(土)拝察  東京都千代田区北の丸公園1-1  東京国立近代美術館工芸館展示室内 《 マンガン釉線文碗 ルーシー・リー 昭和45年 茶せんのようです 16.12.24撮影 》  碗はわんで、飲食物を盛る、半円形の容器です。…

続きを読む

拝察 椿や牡丹の花が美しく浮かび上がる 青野武一の金赤被せ

 椿や牡丹の花が美しく浮かび上がる 青野武一の金赤被せ  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩10分 2016年12月24日(土)拝察  東京都千代田区北の丸公園1-1  東京国立近代美術館工芸館展示室内 《 金赤被椿文蓋物 青野武一 平成5年 色被せています 16.12.24撮影 》  金赤被椿文蓋物は、椿の絵柄があでやかに浮かび上がるガラス器です。…

続きを読む

拝察 大蛸が底でパッチリ目を見開く バーナード・リーチの蛸図大皿

 大蛸が底でパッチリ目を見開く バーナード・リーチの蛸図大皿  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩10分 2016年12月24日(土)拝察  東京都千代田区北の丸公園1-1  東京国立近代美術館工芸館展示室内  入館料210円 《 蛸図大皿 バーナード・リーチ 大正15年 上下逆が良い 16.12.24撮影 》  蛸図大皿は、大皿の底面に目をはっきり見開いた蛸の顔が…

続きを読む

拝察 日本人が好きな桜と紅葉の鉢 荒川豊蔵の色絵雲錦鉢

 日本人が好きな桜と紅葉の鉢 荒川豊蔵の色絵雲錦鉢  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩10分 2016年12月24日(土)拝察  東京都千代田区北の丸公園1-1  東京国立近代美術館工芸館展示室内 《 色絵雲錦鉢 荒川豊蔵 昭和46年 派手さと厚み 16.12.24撮影 》  雲錦鉢は、「雲錦」という模様のことです。荒川豊蔵は、昭和を代表する美濃焼の陶芸家です。 …

続きを読む

見る 貴石をカッティングする加工細工 フィレンツェの工房

 貴石をカッティングする加工細工 フィレンツェの工房  サンタマリア・ノベッラ駅バス15分 2015年5月8日(金)見る   Via degli Alfani,78, フィレンツェ, イタリア  Museo dell'Opificio delle Pietre Dure  貴石加工美術館館内  入館料4ユーロ 《 めのうを花、葉、木の実、昆虫などに彫りんだものです 17世紀…

続きを読む

拝察 日本近代陶芸の先覚者 板谷波山の彩磁延寿文水指

 日本近代陶芸の先覚者 板谷波山の彩磁延寿文水指  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩10分 2016年12月24日(土)拝察  東京都千代田区北の丸公園1-1  東京国立近代美術館工芸館展示室内 《 彩磁延寿文水指 板谷波山 昭和17年 質と模様に技術を感じます 16.12.24撮影 》  板谷波山(はざん)は、明治5年茨城県現在の筑西市生まれの陶芸家です。東京芸術大学彫刻科で学び大…

続きを読む

拝見 近代工芸を革新した藤井達吉 手箱、硯、乱箱

 近代工芸を革新した藤井達吉 手箱、硯、乱箱  京都市営地下鉄東西線東山駅徒歩5分 2015年8月16日(日)拝見  京都府京都市左京区岡崎円勝寺町  入館料420円 《 銅切透七宝若草文手箱 藤井達吉 大正10年 模様図です 15.8.16撮影 》  銅切透とあるので、銅板を切り込み穴部分もあり、上から釉薬をかけ焼成した輝きがあります。手箱は、手回りの小道具や化粧道具などを…

続きを読む

拝察 幽玄の世界 漆で作る美しい衝立 型染、蝋染、紙、絹

 幽玄の世界 漆で作る美しい衝立 型染、蝋染、紙、絹   東京メトロ東西線竹橋駅 徒歩10分 2015年1月29日(木)拝察  東京国立近代美術館工芸館展示室  東京都千代田区北の丸公園1番1号  入場料210円 《 双象 番浦省吾 昭和47年 漆 漆美の極限です 15.1.29撮影 》  番浦省吾(ばんうらしょうご)は、石川県出身で蒔絵技術を学び関西で活躍しました。…

続きを読む

拝見 戦後の復興を磁器がリードした 鮮やかな瓶、壺、一輪挿し

 戦後の復興を磁器がリードした 鮮やかな瓶、壺、一輪挿し  東京メトロ東西線竹橋駅 徒歩10分 2015年1月29日(木)拝見  東京国立近代美術館工芸館展示室  東京都千代田区北の丸公園1番1号  入場料210円 《 彩挺花瓶 夏日 楠部彌弌 昭和46年 磁器 油絵のようにオイリーです 15.1.29撮影 》  彩挺は、さいえんと読むようだが、意味は不明です。 …

続きを読む

拝見 美しく妖しい唐草模様 磯矢氏の花文棚

 美しく妖しい唐草模様 磯矢氏の花文棚  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩10分 2015年1月29日(木)拝見  東京国立近代美術館工芸館展示室  東京都千代田区北の丸公園1番1号  入場料210円 《 花文棚 磯矢阿伎良 昭和5年 漆、蒔絵 アール・デコです 15.1.29撮影 》  磯矢阿伎良(いそやあきら)は、東京都出身で、東京美術学校教授退官後、生活に根ざした漆工芸…

続きを読む

拝見 鍛造で造る新しい造形の世界 原氏のはにかむ王とその王妃、越智氏の集

 鍛造で造る新しい造形の世界 原氏のはにかむ王とその王妃、越智氏の集  東京メトロ東西線竹橋駅 徒歩10分 2015年1月29日(木)拝見  東京国立近代美術館工芸館展示室  東京都千代田区北の丸公園1番1号  入場料210円 《 はにかむ王とその王妃 原正樹 1968年 真鍮、鋳造 2人です 15.1.29撮影 》  原正樹は、東京芸術大名誉教…

続きを読む

拝見 江戸時代から明治時代に連なる美しく豪華な螺鈿の伝統

 江戸時代から明治時代に連なる美しく豪華な螺鈿の伝統  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館日本館  入館料620円 《 花鳥螺鈿薬瓶箱 明治時代・19世紀 からくり箱のようです 14.9.23撮影 》  螺鈿(らでん)は、奈良時代に中国・唐から輸入され、琥珀や鼈甲と組み合わせて楽器などの装飾に使用され…

続きを読む

拝見 貝殻で土をつないで焼いた八重山の素朴な土器 パナリ焼き

 貝殻で土をつないで焼いた八重山の素朴な土器 パナリ焼き  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館日本館  入館料620円 《 壺 八重山諸島 パナリ焼 土器 第二尚氏時代・17世紀 2穴はなにか 14.9.23撮影 》  パナリ焼は、沖縄県、八重山諸島の新城島で焼成されていた土器です。 …

続きを読む

拝見 安土桃山から江戸時代の西欧に輸出された美しい螺鈿の漆器

 安土桃山から江戸時代の西欧に輸出された美しい螺鈿(らでん)の漆器  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館日本館  入館料620円 《 花鳥樹獣蒔絵螺鈿聖龕 Christian Shrine 重文 安土桃山時代~江戸時代 金銀の平蒔絵は豪華です 14.9.23撮影 》  花鳥樹獣蒔絵螺鈿聖龕(かちょう…

続きを読む

拝見 朝鮮・高麗時代の青磁、鉄絵、象嵌

 朝鮮・高麗時代の青磁(せいじ)、鉄絵(てつえ)、象嵌(ぞうがん)  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《 青磁鉄絵花卉文瓜形水柱 朝鮮 高麗時代・12世紀 細かい模様です 14.9.23撮影 》  瓜形。中国の瓜のことわざ(ウリを売る人は自分のウリは甘いと言う→)手前みそを…

続きを読む

拝見 ウィーン万国博物館に出展した日本の名品 美しい壺、鉢、瓶

 ウィーン万国博物館に出展した日本の名品 美しい壺、鉢、瓶  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館日本館  入館料620円 《 青地白堆波濤に獅子図龍耳瓶 年木庵喜三 明治6年頃 ウィーン万博出品 乗っている小さな龍は瓶の両耳です 14.9.23撮影 》  年木庵喜三は、年木庵(としきあん)は精磁会…

続きを読む

拝見 鮮やかな中国漆工 清、明時代の堆朱、彫漆、存星、堆黄

 鮮やかな中国漆工 清、明時代の堆朱、彫漆、存星、堆黄  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《 山水人物堆朱桃形合子 中国 1736~95年 鮮やか過ぎて座れない 14.9.23撮影 》  堆朱(ついしゅ)は、漆に油を混ぜることにより、通常固い漆を彫刻できるように改良し…

続きを読む

拝見 頭にかぶせて1人前の食事を運ぶ 朝鮮19世紀の漆塗りの膳

 頭にかぶせて1人前の食事を運ぶ 朝鮮19世紀の漆塗りの膳  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《 膳(風穴盤) 朝鮮 19世紀後半 木製漆塗 フチが狭い 14.9.23撮影 》  風穴盤は、12角の天板に6角の穴が開いた面取です。穴はなんと膳を頭にかぶせて運ぶため…

続きを読む

拝察 蒔絵の金蒔きが多すぎて黄金となった 紙箱、香箱

 蒔絵の金蒔きが多すぎて黄金となった 紙箱、香箱  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝察  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館日本館  入館料620円 《 楓蒔絵色紙箱 江戸時代・18世紀 金楓がぎっしりです 14.9.23撮影 》  蒔絵のうち、描割(かきわり)は、線状に漆を塗り残して金粉を蒔くと、金粉がつかない溝ができて、黒く細い線に見…

続きを読む

拝察 かわいい虎が乗る古代中国のドラム 錞干(じゅんう)

 かわいい虎が乗る古代中国のドラム 錞干(じゅんう)  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝察  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《 錞干 中国 青銅 前5~前3世紀 蓋の上に虎が乗ります 14.9.23撮影 》  錞干(じゅんう)は、中国古代の青銅でつくられた打楽器の一つです。 《 錞干 中国 青銅…

続きを読む

拝見 中国11世紀頃の多様な色の青磁 壺、水注、瓶

 中国11世紀頃の多様な色の青磁 壺、水注、瓶  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《 青磁唐草文多嘴壺 中国・龍泉窯 11~12世紀 5つ嘴は装飾です 14.9.23撮影 》  多嘴壺は、肩に円筒形の孔管状の嘴を装飾した蓋壺です。中国宋代越州窯や竜泉窯で作られた青磁が多い。…

続きを読む

拝察 初期東南アジアの金属の楽器 大太鼓の銅鼓

 初期東南アジアの金属の楽器 大太鼓の銅鼓  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝察  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《 銅鼓 中国南部出土 青銅 2~9世紀 低温が出そう 14.9.23撮影 》  銅鼓は、青銅で作られた片面の太鼓です。 《 銅鼓 インドネシア東部出土 青銅 6~12世紀 高温が…

続きを読む

拝察 古代イランのカラフルな装飾 ウシャブティ、ガラス、銀皿、銀ピン、金首飾

 古代イランのカラフルな装飾 ウシャブティ、ガラス、銀皿、銀ピン、金首飾  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝察  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《 ウシャブティ エジプト出土 ファイアンス製 前11~5世紀 従者の顔です 14.9.23撮影 》  ウシャブティは、こたえる者を意味しています。死者と共に副葬品…

続きを読む

拝察 エレガントな絵画 花咲き誇るにぎやかなペルシャ絨毯

 エレガントな絵画 花咲き誇るにぎやかなペルシャ絨毯  JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝察  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館東洋館  入館料620円 《  花文様絨毯 イラン 17世紀 咲き乱れています 14.9.23撮影 》  ペルシャ絨毯の特徴は、織り手が無数の色彩をエレガントなパターンに織り上げる技術です。 《 …

続きを読む

拝見 国宝の蒔絵 美しい手箱、料紙箱、箪笥

 国宝の蒔絵 美しい手箱、料紙箱、箪笥   JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見  東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館平成館  入館料620円 《 片輪車螺鈿手箱 国宝 鎌倉時代13世紀 量感があります 14.9.23撮影 》  片輪車螺鈿手箱は、30cm×25cm×20cmくらいで、手頃な大きさです。片輪車は、模様の牛車のことです。手箱は…

続きを読む

拝見 人間国宝が作る 金、銀、銅、色絵の新しい壺

 人間国宝が作る 金、銀、銅、色絵の新しい壺  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩8分 2014年7月20日(日)拝見  東京都千代田区北の丸公園  東京国立近代美術館工芸館  2階収蔵作品展  入館料210円 《 金彩壺 爆(は)ぜる 増田三男 平成9年 銅、金彩です 14.7.20撮影 》  増田三男は、人間国宝。銀や鉄,銅で成形した壺、箱、水指に蹴彫(けぼり)、布目象眼…

続きを読む

拝見 未知のオブジェ 磁器、織、鋳物、ガラスの新造形

 未知のオブジェ 磁器、織、鋳物、ガラスの新造形  東京メトロ東西線竹橋駅徒歩8分 2014年7月20日(日)拝見  東京都千代田区北の丸公園  東京国立近代美術館工芸館  2階収蔵作品展  入館料210円 《  WORK-0602 中島晴美 平成18年 磁器 特異が得意です 14.7.20撮影 》  中島晴美は、男性で岐阜県主審。陶磁器をポップな形に作るのが得意な…

続きを読む