訪問 壺屋の陶工住宅 登り窯がある丸瓦屋根の新垣家住宅

 壺屋の陶工住宅 登り窯がある丸瓦屋根の新垣家住宅  ゆいレール牧志駅徒歩約8分 2018年1月2日(火)訪問  沖縄県那覇市壺屋1丁目28−32  国重要文化財  平屋寄棟造 本瓦葺  明治末期建築 〈 石垣が高め 琉球石灰岩をびっしり押し込んでいます 18.1.2撮影 〉  国際通りの南側で壺屋焼物博物館を下ってくると、住宅街の途中に沖縄の丸瓦ばかりの屋根が並ぶ、平屋住…

続きを読む

散歩 屋上が白い山型のパラペット やちむん通りの壺屋焼物博物館

 屋上が白い山型のパラペット やちむん通りの壺屋焼物博物館  ゆいレール牧志駅徒歩10分 2018年1月2日(火)散歩  沖縄県那覇市壺屋1丁目9−32  入館料350円  鉄筋コンクリート造3階建て  1998年建築 〈 平べったい3階ビル 山型は手頃な目立つ手法です 18.1.2撮影 〉  沖縄の赤瓦が目立つ壺屋陶芸センターのすぐ東側にあります。 〈 平べ…

続きを読む

散策 沖縄の中国式庭園・福州園の植物 フヨウ、マツ、トベラ

 沖縄の中国式庭園・福州園の植物 フヨウ、マツ、トベラ  ゆいレール県庁前駅徒歩6分 2018年1月1日(月)散策  沖縄県那覇市久米2丁目29  入園料200円  平成4年建築 〈 フヨウ 花は咲くと愛らしい1日花ですが毎日次々開花します 18.1.1撮影 〉  この木は木芙蓉。アオイ科フヨウ属の落葉低木です。7月~10月初めにかけてピンクや白で直径10~15cm程度の大き…

続きを読む

拝見 琉球王の造らせた鐘 海洋国の気概を記した旧首里城正殿鐘

 琉球王の造らせた鐘 海洋国の気概を記した旧首里城正殿鐘  ゆいレールおもろまち駅徒歩7分 2018年1月2日(火)拝見  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1−1  沖縄県立博物館美術館  入館料530円 〈 旧首里城正殿鐘  1458年 高さ1.5mx口径0.9mと大型です 18.1.2撮影 〉  この鐘は、万国津梁(しんりょう)の鐘といわれ、琉球王国第一尚氏王統の尚泰久王が…

続きを読む

拝察 沖縄を代表する岩石 海水域から獲れ多用途に使われる琉球石灰岩

 沖縄を代表する岩石 海水域から獲れ多用途に使われる琉球石灰岩  ゆいレールおもろまち駅徒歩7分 2018年1月2日(火)拝察  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1−1  沖縄県立博物館美術館内  入館料530円 〈 琉球石灰岩のシーサー 45年前の沖縄海洋博で沖縄館を飾りました 18.1.2撮影 〉  鹿児島県の喜界島から南に分布し、琉球列島を代表する岩石です。サンゴや有孔…

続きを読む

散歩 白いグスクが要塞のように並ぶ 沖縄県立博物館・美術館

 白いグスクが要塞のように並ぶ 沖縄県立博物館・美術館  ゆいレールおもろまち駅徒歩10分 2018年1月2日(火)散歩  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1−1  鉄筋コンクリート造  地上4階、地下1階  平成19年建築   〈 要塞のグスクは意匠上であって屋根はつながっています 18.1.2撮影 〉  最寄りのおもろまち駅西口から新都心公園水の道を北西方向に向かうと、…

続きを読む

幹が分岐し繁茂 とろける木 沖縄のガジュマル

 幹が分岐し繁茂 とろける木 沖縄のガジュマル   ゆいモノレール首里駅徒歩で15分 2018年1月1日(月)散歩  沖縄県那覇市首里金城町1丁目2  玉陵植物園  入場料300円 〈 大木になったガシュマル 幹は分岐して多数繁茂します 18.1.1撮影 〉  玉陵は、沖縄の16世紀の国王の大きな墓です。北側にある芝庭の周りにガジュマルが十数本植えてあります。 …

続きを読む

訪問 沖縄民家の災難を防ぐ 屋根の上で激しく睨むシーサー

 沖縄の民家災難を防ぐ 屋根の上で激しく睨むシーサー    ゆいレールおもろまち駅徒歩7分 2018年1月2日(火)訪問  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1−1  沖縄県立博物館美術館  野外展示施設  平成24年建築 〈 特に激しく睨み家への災難の魔除けとなります 18.1.2撮影 〉  沖縄の伝統的な民家は、高温多湿の気候風土に適した構造をしています。赤瓦の屋根の上にシ…

続きを読む

散歩 赤い琉球瓦の屋根が2棟並ぶ 聖アンデレ教会

 赤い琉球瓦の屋根が2棟並ぶ 聖アンデレ教会  ゆいレール首里駅バス10分 2018年1月1日(月)散歩  沖縄県那覇市首里真和志町1丁目9  日本聖公会沖縄教区首里聖アンデレ教会  鉄筋コンクリート造2階建て  昭和35年建築 〈  丸い琉球瓦が屋根を飾りアイポイントになっています 18.1.1撮影 〉  首里城を過ぎ、ポツンとある守礼門を通り過ぎると、下り坂を歩き首…

続きを読む

拝察 赤格子と城のツノ サンゴ石灰岩製の玉陵の厨子、骨壷

 赤格子と城のツノ サンゴ石灰岩製の玉陵の厨子、骨壷    ゆいモノレール首里駅徒歩15分 2018年1月1日(月)  沖縄県那覇市首里金城町1丁目2  玉陵管理事務所奉円館  入場料300円 〈 サンゴ石製石厨子 年代不詳 ベンガラの赤格子と城のツノです 18.1.1撮影 〉  厨子は、仏像・仏舎利・教典・位牌などを中に安置する仏具です。沖縄では、石製の文化財が多く、厨子は…

続きを読む

訪問 愛のシーサーが青少年を見守る 沖縄県議会庁舎

 愛のシーサーが青少年を見守る 沖縄県議会庁舎  沖縄都市モノレール線県庁前駅徒歩3分 2018年1月1日(月)  沖縄県那覇市泉崎1-2-31  鉄筋コンクリート造  地上6階地下2階  1990年建築 〈 馬蹄形のアールで人を迎えてくれます 18.1.1撮影 〉  最寄りの県庁前駅から南方向に歩いてすぐに、役所関係の一群の高層建物が見えてきます。 〈 愛の…

続きを読む

拝察 極彩色に金の龍が踊る 首里城正殿の王座御差床

 極彩色に金の龍が踊る 首里城正殿の王座御差床(うさすか)  ゆいモノレール首里駅徒歩で15分 2018年1月1日(月)拝察  沖縄県那覇市首里金城町1丁目2  世界遺産 入場料820円  14世紀末建築 平成4年再建 〈 主柱 雲群の中に龍が見え隠れします 18.1.1撮影 〉  正殿は御庭を囲むように配置された建物の東側にあります。 〈 黄金のややユーモラス…

続きを読む

拝見 沖縄久米島のヤジャーガマ遺跡から均整の美しい類須恵器

 沖縄久米島のヤジャーガマ遺跡から均整の美しい類須恵器  ゆいレールおもろまち駅徒歩7分 2018年1月2日(火)拝見  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1-1  沖縄県立博物館美術館 《 類須恵器壺形 ヤジャーガマ遺跡 たたき模様です 18.1.2撮影 》  この作品は12世紀頃の類須恵器で、表面は灰色で均整の取れた美しい壺形です。類須恵器は、11世紀~14世紀頃に琉球列島で…

続きを読む

散策 燃え立つ炎のガジュマルの木を守る 3連アーチの旧崇元寺石門

 燃え立つ炎のガジュマルの木を守る 3連アーチの旧崇元寺石門  ゆいレール牧志駅徒歩9分 2018年1月2日(火)散策  沖縄県那覇市 泊1丁目9-1  重要文化財  1527年建築 《 門の向こうは巨大なガジュマル 燃え立つ炎の樹形です 18.1.2撮影 》  牧志駅から北方面に安里川を歩いていくと、右手に広い道路の向こうにこんもりした森が見えます。 《 幹…

続きを読む

乗る 南北に白いアーケードが伸びる 南部に立地する那覇空港

 南北に白いアーケードが伸びる 南部に立地する那覇空港   ゆいレール那覇空港駅徒歩1分 2018年1月3日(水)乗る  沖縄県那覇市字鏡水  昭和8年開場 《 日本航空 夏には臨時便が多い 18.1.3撮影 》  沖縄本島の南西端にあり、海に近い印象です。 《 ゆいレール駅すぐ前は国内線ターミナルです 》  滑走路はまっすぐ南北方向に3000m×45mの1本が…

続きを読む

散策 伝統と現代を共生させる無理なビル 黒川紀章作・沖縄県庁舎

 伝統と現代を共生させる無理なビル 黒川紀章作・沖縄県庁舎  ゆいレール線県庁前駅徒歩3分 2018年1月1日(月)散策  沖縄県那覇市泉崎1丁目2-2  鉄骨鉄筋コンクリート造  地上14階地下2階  平成2年建築 《 ファサード 縦強調と赤いシーサーは微妙です 18.1.1撮影 》  最寄り駅の県庁前駅は、北側は中国庭園の福州園くらいで、南側はパレットくもじ、…

続きを読む

訪問 琉球王国の権力者 尚真王の作った宮殿のような墓 玉陵たまうどぅん

 琉球王国の権力者 尚真王の作った宮殿のような墓 玉陵たまうどぅん  ゆいモノレール首里駅徒歩15分 2018年1月1日(月)訪問  沖縄県那覇市首里金城町1丁目2  世界遺産  501年建設  入場料300円 〈 外庭から入る後門 美しい石壁で仕切られます 18.1.1撮影 〉  501年に尚真王が父・尚円王を埋葬するために創建した陵墓です。 《 広い外…

続きを読む

散策 客をもてなす中国古典建築 羽ばたく湾曲・三十六鴛鴦館

 客をもてなす中国古典建築 羽ばたく湾曲・三十六鴛鴦館  ゆいレール県庁前駅徒歩10分 2018年1月1日(月)散策  沖縄県那覇市久米2丁目29  入園料200円  平成4年建築 《 羽ばたくような屋根の湾曲がすごい 18.1.1撮影 》  館の名前は、三十六鴛鴦(えんおう=おしどりのこと)館と呼ぶようです。 を見ながらの客のもてなしに使われました 》  福…

続きを読む

拝見 琉球王国の象徴 見事な唐破風と彫刻の首里城正殿

 琉球王国の象徴 見事な唐破風と彫刻の首里城正殿  ゆいモノレール首里駅徒歩15分 2018年1月1日(月)拝見  沖縄県那覇市首里当蔵町3-1  木造三階建て  14世紀末、平成4年復元 《 朱塗りの唐破風 正殿からせり出す 18.1.1撮影 》  日本の城とは異なり、首里城は中国の城の影響を大きく受けています。 《 正面上には屋根に龍頭が載っています 》 …

続きを読む

訪問 ぎっしり重みのある多段の白壁高層マンション 那覇市役所

 ぎっしり重みのある多段の白壁高層マンション 那覇市役所  沖縄ゆいレール県庁前駅徒歩3分 2018年1月1日(月)訪問  沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号  鉄筋コンクリート構造  地上12階・地下2階  平成24年建築 《 ぎっしり詰まっている多段の那覇市庁舎です 18.1.1撮影 》  県庁前駅の南口を降り、パレットくもじを迂回して左に曲がると白亜の市役所が見えます。 …

続きを読む

訪問 鎌倉の寺を模した沖縄の円覚寺総門と対戦で残った放生橋

 鎌倉の寺を模した沖縄の円覚寺総門と対戦で残った放生橋   ゆいレール首里駅徒歩15分 2018年1月1日(月)訪問  沖縄県那覇市首里当蔵町2丁目  1494年建築、昭和43年復元 《 丸瓦が重そう 今は通れないので左から入る 18.1.1撮影 》  首里駅から歩くと真っ先に左側に低く見えてきます。 《 池を渡る 次の世界へ行く思いです 》  首里城北面にかつ…

続きを読む

散策 食文化・第一公設市場の最寄り駅 ゆいレール・牧志駅

 食文化・第一公設市場の最寄り駅 ゆいレール・牧志駅  沖縄都市モノレール線牧志駅徒歩1分 2018年1月1日(月)散策  沖縄県那覇市牧志三丁目272-5  平成15年開業 《 駅は高架で細い 国際通りの終点の最寄りです 18.1.1撮影 》  駅構造は、モノレールなので高架で、島式ホーム一面2線のためかなり高くて狭い印象です。 《 ゆいレール駅の一般的構造 高架…

続きを読む

散策 区画を分ける中国庭園を模した明るい沖縄の福州園

 区画を分ける中国庭園を模した明るい沖縄の福州園  ゆいレール県庁前駅徒歩6分 2018年1月1日(月)散策  沖縄県那覇市久米2丁目29  入園料200円  平成4年建築 《 入り口大門 旗日には赤で楽しみます 18.1.1撮影 》  福州市の職人が設計施工して、石や木の資材まで福州市のものを使った本格的中国式庭園です。 《 中央の池を建物など見どころが囲みま…

続きを読む

散策 じっと見つめる石造りの十二支の彫刻 福州園・万寿橋

 じっと見つめる石造りの十二支の彫刻 福州園・万寿橋   ゆいレール県庁前駅徒歩6分 2018年1月1日(月)散策  沖縄県那覇市久米2丁目29  中国式庭園  入園料200円  平成4年建築 《 じっと見つめる亥 いのししは中国ではブタです 18.1.1撮影 》  万寿橋は、東南方向に縦型に長い福州園のちょうど南端、左手奥にあります。 《 橋は石でまったく平…

続きを読む

散歩 羽ばたくように屋根がうねる 福州市職人が作った中国庭園・福州園

 羽ばたくように屋根がうねる 福州市職人が作った中国庭園・福州園  ゆいレール県庁前駅徒歩8分 2018年1月1日(月)散歩  沖縄県那覇市久米2丁目29  面積8,500m2、入園料200円  平成4年建築 《 三山コース 凄い羽ばたくような屋根のうねり 18.1.1撮影 》  ゆいレールの県庁前駅の北口を6分ほど歩くとビル街が過ぎ、両脇に緑が茂り田舎の雰囲気になってきます…

続きを読む

散策 円鑑池に赤い屋根瓦が浮かぶ 沖縄航海の守り神・弁財天堂

 円鑑池に赤い屋根瓦が浮かぶ 沖縄航海の守り神・弁財天堂  ゆいレール首里駅徒歩13分 2018年1月1日(月)散策  沖縄県那覇市首里当蔵町1丁目3  1502年建築、昭和43年復元 《 美しい太鼓橋で弁財天堂に渡ります 18.1.1撮影 》  池に浮かぶ四角い赤い瓦屋根のお堂は弁財天堂です。航海安全を司る水の女神・弁財天を祀っています。 《 方形の屋根 ひろが…

続きを読む

散歩 いつでもにぎやか 奇跡の1マイル・沖縄国際通り付近

 いつでもにぎやか 奇跡の1マイル・沖縄国際通り付近  都市モノレール線県庁前駅徒歩2分 2018年1月1日(月)散歩  沖縄県那覇市松尾2丁目10-10-1付近  昭和23年頃創設  全長1.6km 《 国際通りから1歩入るとガレリアのような素晴らしさ 18.1.1撮影 》  県庁前駅南の県庁北口交差点から牧志駅過ぎの安里三叉路にかけての1.6kmの通りの名前です。 …

続きを読む

散歩 琉球国王が国内巡航の安全を祈る礼拝所 園比屋武御嶽石門

 琉球国王が国内巡航の安全を祈る礼拝所 園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたき)  ゆいモノレール首里駅徒歩17分 2018年1月1日(月)散歩  沖縄県那覇市首里真和志町一丁目  世界遺産、石造り建築  1519年建築、1957年復元 《 白い扉の向こうが神聖な森です 合掌 18.1.1撮影 》  玄関の守礼門をくぐり、ゆるやか坂を上りながら40m進むと左側に白っぽいがあります…

続きを読む