地球と環境問題4 地球の内部構造を知るための間接的直接的方法

地球の内部構造を知るための間接的直接的方法について 地球の内部構造を知るもっとも確実な方法は、直接大地を掘削して調べる、いわゆるボーリングである。しかし、ボーリングから得られる地球の情報は点的であり、平面的・立体的な情報は得られにくい。現在、内部構造を知る直接の手掛かりは、ほとんどが地震波の観測から得られている。  1 地球の内部構造をみるための地震波  地震を観測す…

続きを読む

地球と環境問題3 地球の内的・外的エネルギーにより生じる地学現象

 地球の内的・外的エネルギーにより生じる地学現象について  地球は、内部に蓄えられたエネルギーや内部で発生した熱エネルギーを、地震及び造構活動や火山活動などの力学的(重力的)エネルギーに変換している。 また逆に、力学的運動はそのエネルギーの一部を熱エネルギーとして放出している。地球物質の移動と変化は、それが物理的であろうと化学的であろうと、熱エネルギーの授受を伴う。ここでは、地球全体のエ…

続きを読む

探訪 最大温室がある とちぎ花センター

 最大温室がある とちぎ花センター  JR両毛線岩舟駅徒歩4.2km  2008年7月8日(火)探訪  栃木県栃木市岩舟町下津原1612  温室入園料400円  平成4年設立   《 センター入口は3セクの公社なので事務的で地味です 08.7.8撮影 》  栃木県が設置した施設で、公社が管理運営。温室が日本最大級です。近年、便利な言葉に、日本最大級があります。 …

続きを読む

地球と環境問題2 地球の進化-特に地殻・海水・大気

 地球の進化-特に地殻・海水・大気について  地球は、約46億年ほど前、太陽系内で誕生した。その後、コアの形成、大気の形成、マントル-地殻の分化といった進化を経て、現在の地球へと姿を変えてきた。その変化は生物の変化と似て、一方的な非可逆的進化である。 1 地球の進化を支えるエネルギー  「生きている地球」の進化を支えるエネルギー源として次のものがある。 (1) 集積エネルギー・・・地…

続きを読む

地球と環境問題1 地球の天然資源と環境

 地球の天然資源と環境  人類が地球上に生存しはじめたのは、今から100万年以上も前にさかのぼります。人間の地球での生存は、極めて限られた自然条件の下で可能となる。たとえば、酸素は大気中で21%あるが、15%を割れば呼吸困難となろう。また、30%を上回ると大火災が頻発します。  事実、長い地球史の中では、自然条件の変化による生物の絶滅がいくつか起きている。白亜紀末には巨大隕石の衝突により…

続きを読む

拝見 慶応義塾大学 地球環境夢プロジェクト

 慶応義塾大学 地球環境夢プロジェクト  JR京浜東北線田町駅徒歩10分 2008年5月11日(日)拝見  慶応大学三田キャンパス  創立150年記念シンポジウム 「地球環境 夢プロジェクト」 参加者約1,000名  シンポジウム ○安西塾長挨拶 ○基調パネルディスカッション「慶應義塾からの環境メッセージ」  コーディネーターの和気洋子 商学部教授『環境において、自然科学の蓄…

続きを読む