拝見 天才歌人の劇的生きざま 寺山修司過激なる疾走 

 天才歌人の劇的生きざま 寺山修司過激なる疾走  月蝕歌劇団2007年8月公演DVD拝見  価格4,935円 120分  寺山修司 過激なる疾走 脚本・演出 高取英 月蝕歌劇団  原作 高取英『寺山修司 過激なる疾走』 新宿・紀伊國屋ホール  寺山修司は12歳の時、母と別れ別れになった。寺山は自分を語るとき、虚構を意識して語る。せまりくる病魔と闘いながら駆け抜けた彼の本当の心…

続きを読む

私の気になる人 律儀な秀才 芥川龍之介

古今東西の古典を近代的に甦らせた夭折の天才作家です  明治25年3月1日 - 昭和2年7月24日。号は澄江堂主人、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編で、「芋粥」「藪の中」「地獄変」「歯車」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』などの古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」など、童話も書きました。1927年7月24日未明、友人にあてた遺書に「ただぼんやりした不安」との理由を残し…

続きを読む

私の気になる人 孤高の大名人 古今亭志ん朝

 昭和13年、東京生まれ。5代目古今亭志ん生(ここんてい・しんしょう)の二男。兄は10代目金原亭馬生(きんげんてい・ばしょう)。独協高卒。  大学受験失敗後の浪人中に父の勧めで落語家を目指す。57年に父に入門し、古今亭朝太で初高座。59年に二ツ目、62年に真打ちに昇進し、志ん朝を襲名。得意演目は「火焔太鼓」「愛宕山」「三枚起請」「文七元結」「お直し」「強情灸」「船徳」「明烏」など多数。 …

続きを読む