訪問 厄介物扱いの温泉を利用 スパリゾートハワイアンズ

 厄介物扱いの温泉を利用 スパリゾートハワイアンズ  JR常磐線湯本駅バス15分 2010年11月28日(日)訪問  福島県いわき市常磐藤原町字蕨平50  1990年開設 《 ハワイアンズ全体で駐車場3,500台はすごい 10.11.28撮影 》  大型温水プール・温泉・ホテル・ゴルフ場からなる大型レジャー施設。 《 温泉泉質は硫酸泉で源泉温度は58.8℃ 温度は…

続きを読む

散歩 3つに分かれている天然池 上野の不忍池

 3つに分かれている天然池 上野の不忍池(しのばずのいけ)  JR上野駅徒歩8分 2010年11月12日(金)散歩  上野恩賜公園内 《 遊歩道のために不忍池は3つに分かれている 10.11.12撮影 》  天然の池である。上野恩賜公園の南端に位置し周囲は約2km。1周するとかなり時間がかかる。 《 南側半分は一面が蓮で覆われている蓮池 》  中央に弁才天を祀る弁天島…

続きを読む

探検 幅広い川滝が豪快に4度岩を打つ 袋田の滝

 幅広い川滝が豪快に4度岩を打つ 袋田の滝  JR水郡線袋田駅バス20分 2010年11月29日(日)探検  茨城県久慈郡大子町袋田  入場料300円。 《 約70mの広さに渡り4段に岩を打つ 10.11.29撮影 》  久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120m、幅73m。冬は袋田の寒さで滝が凍結する現象が発生する。 《 4段なので落差というより全体の長さになり12…

続きを読む

荒川ストーリー23 ミヤコタナゴを飼育する 滑川町エコミュージアムセンター

 ミヤコタナゴを飼育する 滑川町エコミュージアムセンター  東武東上線森林公園駅バス20分  2010年10月20日(水)散歩  埼玉県比企郡滑川町福田763-4  1階建て  平成12年建設 《 手前の池などにミヤコタナゴ親2000匹、子約1200匹いるという 10.10.20撮影 》  タナゴは淡水系の小魚。色は全体的に青いすじが通っていて美しい。   《 アプロ…

続きを読む

訪問 江戸時代から集団繁殖 さぎ山記念館

 江戸時代から集団繁殖 さぎ山記念館  JR京浜東北線浦和駅バス15分 2010年8月17日(火)訪問  さいたま市緑区南部領辻・上野田  昭和61年建築  鉄筋コンクリート平屋建て 《 江戸時代からの歴史あるさぎ山 日時計にしらさぎの画 10.8.17撮影 》  250年の歴史を閉じた野田のさぎ山を記念してつくられた公園。 《 入り口脇に建物を背負うような象の巨像 》…

続きを読む

訪問 土手の上に建つ児童館 彩湖学習センター

 土手の上に建つ児童館 彩湖学習センター  JR武蔵野線武蔵浦和駅バス15分 2010年7月21日(水)訪問  埼玉県戸田市大字内谷2887番地   平成9年建設  地下1階、地上5階 《 土手の上に建つ児童館のような地味な外観 10.7.21撮影 》  戸田市立郷土博物館の分館 《 魚の大型模型だけど大雑把で模型はなにも教えてくれない 》  浄化施設と調節池、貯…

続きを読む

出席 産業と環境の会 水環境シンポジウム

 産業と環境の会 水環境シンポジウム  JR京浜東北線有楽町駅徒歩1分 2010年7月16日(金)出席   東京国際フォーラム                                1 あいさつ   会長 「 大学を出て通産省に入ったのが公害国会のころで、公害の当初は水であった。水の問題は50年を超える。喫緊の課題のグリーンや生態系など多分野でも水との関わりが大きい」。…

続きを読む

出席 水ビジネスを考える 水環境シンポジウム

 水ビジネスを考える 水環境シンポジウム  都営大江戸線麻布十番徒歩5分 2010年6月中旬出席  三田共用会議所  東京都港区三田2-1-8 《 三田共用会議所 中央省庁が共同で使用する目的で建築しました 10.6.中旬撮影 》 基調講演  講師 俳優・神奈川県川崎市教育委員N氏   「 俳優の仕事が暇なせいもあり、自宅近くの多摩川で子どもたちと川遊びを経験した。その体…

続きを読む

荒川ストーリー18 水車の働きがわかる 東秩父の精米水車

 水車の働きがわかる 東秩父の精米水車  東武東上線鉢形駅徒歩20分 2010年3月14日(日)散策  埼玉県立川の博物館内 埼玉県大里郡寄居町小園39 《 回転を歯車で伝え杵を落とすと精米され臼を回すと精粉されます 10.3.14撮影 》  東秩父村大内沢で昭和20年頃まで稼働していた。 《 水受けに胸掛式で軸の中心付近から羽根車に水を注ぐ 比較的流量の多い所です…

続きを読む

荒川ストーリー17  岩淵リバーステーション発 荒川水上ボート 

 岩淵リバーステーション発 荒川水上ボート   JR京浜東北線赤羽駅徒歩20分 2010年1月22日(金)乗船  東京都北区志茂5-41-1  東京北区岩渕水門脇から出る水上ボートに乗って、東京湾まで往復2時間コースを遊覧しました。 《 乗船した水上ボート やはりスピートが早いのは隔世の感です 10.1.22撮影  》  荒川は、埼玉県、山梨県、長野県の三県が境を接する甲武…

続きを読む

拝見 攻めにくく守りやすい城 忍城

 攻めにくく守りやすい城 忍城(おしじょう)  秩父鉄道秩父本線行田市駅徒歩15分 2010年1月20日(水)拝見  昭和63年復元  埼玉県行田市本丸17-23  廃城1871年 《 天守構造が復元されたが外観や構造に根拠はない 》  天守は、模擬御三階櫓として建てられた。 《 屋根の鬼瓦に三つ葉葵の御紋が見えます 》  江戸時代には忍藩の藩庁が置かれました。 …

続きを読む

荒川ストーリー16 洪水を教える 荒川知水資料館

 洪水を教える 荒川知水資料館  JR京浜東北線赤羽駅徒歩20分 2010年1月22日(金)歩く  東京都北区志茂 5-41-1  平成10年建築 《 新河岸川にかかる橋を渡り右側に知水資料館です 10.1.22撮影 》  国土交通省荒川下流河川事務所と東京都北区の共同管理です。 《 旧水門の遺構の展示 岩淵水門は赤水門と呼ばれます 》  人工河川・荒川は、荒川…

続きを読む

発見 小貝川べりに突然現れる 緑の豊田城

 小貝川べりに突然現れる 緑の豊田城  関東鉄道常総線石下駅徒歩10分 2009年12月29日(火)発見  常総市新石下2010  地域交流センター  入館料400円  平成4年開館  《 筑波方面に走ると突然左側に川の先に緑の城が見えます 09.12.29撮影 》  この城は模擬天守で、正式名称は地域交流センターです。 《 立派な城である 最上階の高欄から筑…

続きを読む

拝見 二階建て風旧水海道町役場 二水会館

 二階建て風旧水海道町(みつかいどう)役場 二水会館  関東常総線水海道駅徒歩5分 2009年12月26日(土)拝見  茨城県常総市水海道天満町1606  大正2年建築  昭和59年移築 《 一見して低天井の2階建てに見えるが箱形の平屋です 09.12.26撮影 》  木造平屋建て、瓦葺 《 窓が上下開きで4段2区分と3区分 白枠で目立たせます 》   表が洋風,…

続きを読む

荒川ストーリー15 荒川の上流域 渓流に棲む魚

 荒川の上流域 渓流に棲む魚  荒川渓流域 2009年12月6日(日)観察  渓流の最上部に棲むのはイワナで水源近くにまで棲んでいます。ヤマメはその下流に棲んでいます。渓谷には冷たい魚が棲んでおり、荒川の上流で見られる魚は、イワナ、ヤマメ、カジカ、アブラハヤ、ヤリタナゴ、シマドジョウ、カマツカなどです。 1 イワナ(岩魚)  サケ科。最も上流に棲む魚。背中の色は黄色っぽい茶で、白い斑…

続きを読む

荒川ストーリー12 荒川源流域の4つのダム

 荒川源流域の4つのダム 1 秩父で最も古い 農業用水の二瀬ダム  埼玉県秩父市大滝 県道 278 号線  高さ95m 昭和36年完成 国事業 〈 やや珍しい黒部と同じアーチダム 岩盤を利用し費用が安いです 〉  荒川総合開発事業の基幹施設として造られた多目的ダム。ダムの型式は重力式コンクリートダムとアーチ式コンクリートダムの利点を兼ね備えた重力式アーチダムであり、ダムの高さは95…

続きを読む

拝見 新河岸川の船問屋 福岡河岸記念館

 新河岸川の船問屋 福岡河岸記念館  東武東上線上福岡駅バス6分 2009年9月5日(土)拝見  埼玉県ふじみ野市福岡3丁目4−2  旧福田屋 入館料100円  木造2階建て  明治42年建築 《 新河岸川の隣 舟問屋だけに見応えがあります 09.9.5撮影 》  船問屋福田屋の建物を福岡河岸記念館として保存・公開しました。江戸時代から昭和初期まで江戸(浅草)と川越地方を結…

続きを読む

訪問 ギリシャ神殿をイメージした秩父ミューズパーク   

 ギリシャ神殿をイメージした秩父ミューズパーク  西武秩父線西武秩父駅バス15分 2009年8月29日(土)訪問  埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518  平成3年建築   《 植物園の木造の管理事務所 広い園内の管理は大変そうです 09.8.29撮影 》  埼玉県秩父市と小鹿野町にまたがる長尾根丘陵にあります。音楽堂・野外ステージ、ミューズの泉、展望ちびっ子広場などの芸術・文化施設…

続きを読む

荒川ストーリー11 枯渇した荒川の砂利採取

 枯渇した荒川の砂利採取  秩父鉄道永田駅徒歩20分 2009年2月28日(土)訪問  埼玉県深谷市荒川   《 深谷花園付近 扇状地が始まり砂利採取洗浄施設ができます 09.2.28撮影 》  荒川流域での砂利採取は、明治時代の中頃から昭和50年代の前半まで続きました。日本における砂利の利用は、関東大地震頃から本格化したとされています。当時は、大消費地に近い都市近くの多摩川…

続きを読む

環境 産業廃棄物埋立処分場の住民説明会

 産業廃棄物埋立処分場の住民説明会   2009年8月初旬開催  《 道路の両側は廃棄物の山である 覆土し緑化しています 》  埋め立て処分場の排水処理のために住民説明会が開催されました。産業廃棄物の埋立処分場をつくろうとすると周辺の住民は反対する。有害で危険だからということもあるが、どんなに安全だとしても、住民が反対する理由はある。それは、できると周辺の土地の利用価値が下がり自分…

続きを読む

散歩 美しい斜面のあじさい 小野池あじさい公園

 美しい斜面のあじさい 小野池あじさい公園  JR上越線渋川駅2km 2009年6月28日(日)散歩  群馬県渋川市渋川 市渋川2979  あじさい約20種  江戸時代天保年間 《 このあじさいの斜面の向こうに小野池があります 09.6.28撮影 》  公園の面積13,800平方メートル、 小野池面積3,000平方メートルです。 《 学名はハイドランジアは水…

続きを読む

散策 良くなったあじさい寺 熊谷の能護寺

 良くなったあじさい寺 熊谷の能護寺(のうごじ)  JR高崎線籠原駅バス20分 2009年6月20日(土)散策  埼玉県熊谷市永井太田1141  高野山真言宗能満山能護寺  参観料金300円  743年建築 《 背丈が1.5mくらいあるため鐘突堂は宙に浮かんで見えます 09.6.20撮影 》  以前から境内全面にあじさいが咲き誇る姿は見事でした。 《 ヒメ…

続きを読む

荒川ストーリー7 荒川で使われた伝統的な漁法

荒川で使われた伝統的な漁法  荒川に棲む魚のうち、イワナ・ヤマメ・ウグイ・アユ・ウナギ・ナマズ・コイ・フナなどは、獲って地域で売られていました。 1 ヤナ漁(清流域・旧大滝村)  荒川の源流・河岸段丘・扇状地域では、イワナ・ヤマメ・ウグイなどを捕って売っていた。源流域に生息するイワナやヤマメは、ふつうは竿釣りだが、簡単なウケやヤナも使った。ヤマメヤナは、ヤマメをとる道具。割竹を藁…

続きを読む

荒川ストーリー6 荒川流域の地場産業

荒川流域の地場産業  一般に、産業は、時の政権や時代の変化に大きく左右される。江戸時代、江戸の後背地として位置づけられる埼玉は、新田の開発や荒川を利用した舟運により、膨張する江戸の消費を賄った。現代に残る特産物や地場産業は、その頃の産業を色濃く残したものも少なくない。  戦後の高度経済成長の時代を経て荒川流域は大きく変貌したが、その根底をなす流域の産業を知ることは、未来の荒川流域の町お…

続きを読む

荒川ストーリー5 川を利用した荒川のいろいろな第一次産業

 川を利用した荒川のいろいろな第一次産業 1 鉄砲流しと筏流し(秩父山地~東京)   秩父山地から切り出されたマツ、カツラ、シオジ(モクセイ科落葉高木)などの木材は、堰(せき)を使った鉄砲流しで水とともに下流まで押し流され、ゆったり流れる河岸段丘流域で筏(いかだ)に組まれて、筏として東京湾まで運ばれた。鉄砲流しは、策動や林道が整備される戦後復興期まで続いた。一方、筏流しは、トラックと鉄道によ…

続きを読む

探検 神秘の湧水 出流原弁天池

 神秘の湧水 出流原弁天池(いずるはらべんてんいけ)  JR両毛線佐野駅6km 2009年4月11日(土)探検  栃木県佐野市出流原町  環境省日本名水百選  出流川源流 《 公園と一体の雰囲気 周囲は絶好の散歩コースです 09.4.11撮影 》  佐野市街地から北西約6kmの位置にあり、数台の駐車場しかない磯山公園の中にあります。 《 池全体が美しく以前か…

続きを読む

荒川ストーリー4 荒川を臨む天然要塞 鉢形城

 荒川を臨む天然要塞 鉢形城  秩父鉄道線寄居駅徒歩25分 2009年3月15日(日)訪問  埼玉県大里郡寄居町大字鉢形2496−2  1476年建築 《 市街地とは荒川を隔てた丘陵上にあって絶好の散策コースです 09.03.15撮影》  戦国時代の平山城跡で、東国における戦国時代の代表的です。 《 鉢形城跡は戦国期の代表的な平山城です 》  城郭構造 連郭…

続きを読む

荒川ストーリー3 源流から河口まで(下)

 源流奥秩父から河口東京湾まで(下)  東京を始め関東平野の開発は、氾濫・乱流を繰り返す川をいかに治め、川の水を利用するかにかかっていた。これから、流路に沿って荒川の源流・奥秩父から河口・東京湾までを概説(下)する。 11 武蔵水路  武蔵水路は、利根川と荒川を結ぶ行田市須加から鴻巣市糠田(ぬかた)に至る北から南への直線的な水路。利根川から荒川へ水を導くための水路として開削された。利根…

続きを読む

荒川ストーリー2 源流から河口まで(上)

  源流奥秩父から河口東京湾まで(上)  1 荒川の洪水と渇水について 《 荒川は母なる川 近年は瀬切れが生じ渇水が問題です 09.2.28撮影》  荒川はその名のとおり荒ぶる川である。奥秩父の山中に端を発し、扇状地末端の熊谷付近より下流域で、しばしば流路を変えた。東京を始め関東平野の開発は、氾濫・乱流を繰り返す川をいかに治め、川の水を利用するかにかかっていました。 …

続きを読む

荒川ストーリー1 荒ぶる川 荒川ことはじめ

 荒ぶる川 荒川ことはじめ  1 荒川について  荒川は、奥秩父の山中に端を発し、埼玉県と東京都を流れ、東京湾に至る一級河川です。 《 荒川といえば荒ぶる川? いいえ荒川といえば「静香(しずか)」です♪ 09.2.28撮影 》  洪水を起こしやすい川、「荒ぶる川」を由来とすることは知られています。川はだいたい上流源は山で、勾配に沿ってまっすぐ流れ、平地にぶつかると左右に蛇行す…

続きを読む