見る スペイン・バスクを代表する彫刻家 オテイザの使徒の頭、修道士

 スペイン・バスクを代表する彫刻家 オテイザの使徒の頭、修道士
 RENFEアトーチャ駅徒歩3分 2016年5月9日(月)見る
 Calle de Santa Isabel,52,28012マドリ-ド、スペイン
 ソフィア王妃芸術センター
 入館料10ユーロ


DSC08712.JPG
〈 使徒の頭 オテイザ 1953年 なんだろうと意志が強そうな表情です 16.5.9撮影 〉

 この作品は、1953年の石膏を基にした1972年版で、使徒の頭として1号と9号が作られました。



DSC08708.JPG
〈 修道士 ホルヘ・オテイザ 1952年 真正面から上を見上げています 〉

 この作品は、宗教への称賛として美的感覚と宗教的感性を合わせたもので、虚空を見上げる男性をいくつか制作しています。



DSC08714.JPG
〈 サンフランシスコ オテイザ 1953年 頭と首が小さくとぼけ感があります 〉

 この作品は、高さ35cmの石灰岩製で、斜め上の虚空を向いています。自然石のポツポツの肌合いが素朴さを感じさせます。



DSC08710.JPG
〈 アポストラリオ・デ・アランザズ フリソコン16使徒 オテイザ 1952年 16人がいろいろな表情で横並びに立っています 〉

 この作品は、ブロンズ製で16人が立っていろいろな表情を刻んでいます。



DSC08679.JPG
〈 コマーシャル#2の図面 エドワードキーンホルツ 1973年 レトロだけど不気味です 〉

 この作品は、部屋の模型。中央は壁ユニットのプラスチック製テレビです。他にラグ、木製の椅子、布製ランプ、灰皿、鉄製のゴミ箱、大聖堂の模型などがあります。



DSC08681.JPG
〈 2つの女の子のドレス クレスオルデンバーグ 1961年 ゴワゴワ感があります 〉

 この作品は、ワイヤーフレームにモスリン布を巻き石膏に浸したあと、エナメルを塗っています。



DSC08683.JPG
〈 アグラフ セザール 1961年 お忍び営業の飲食店の入り口のようです 〉

 この作品は、木製です。合板のパネルに白い枠板とニス塗りの木製短冊を貼り付けています。



DSC08685.JPG
〈 無題 レイモン・アイス 1959年 廃業のため落書きされた店舗の扉です 〉

<評価55クラス>
 ホルヘ・オテイザは、1908年スペインのバスク地方生まれの彫刻家、画家、現代デザイナーです。27歳で南米に移住し41歳まで美術の研究に没頭した。バスク地方では規模の大きい野外彫刻で注目されたエドゥアルド・チリーダと並ぶ彫刻家でした。作風は、幾何学的な面を組み合わせて立方体や直方体に収め、鉄素材の緊張感を引きだしたものが多かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント