散策 寄棟大屋根と2階全面ガラスのコロニアル洋館 旧ビショップ邸

 寄棟大屋根と2階全面ガラスのコロニアル洋館 旧ビショップ邸
 JR神戸線元町駅徒歩10分 2018年9月27日(木)散策
 兵庫県神戸市中央区山本通3-14-18
 東天閣神戸本店
 木造2階建て
 明治27年建築


DSC09337.JPG
〈 大屋根の上の煙突は飾りとしてもいらないです 18.9.27撮影 〉

 最寄りのJR元町駅から北野異人館街へ向かう主要道路トアロードの左側に、込み入った住宅街の中にあります。



DSC09340.JPG
〈 屋根が幾重もあるのか対の小柱で支えています 〉

 寄棟の大屋根と2階の全面のガラス戸が目立ちます。



DSC09341.JPG
〈 頂部の鬼瓦は南の文字 煙突を取って料理店らしい装飾が欲しいです 〉

 外壁はコロニア風の下見板張りで、テカテカのオイルペイントが塗られています。



DSC09342.JPG
〈 明治を大切にした薄い感じの木とガラスの玄関です 〉

 濃緑色の外壁にコントラストをなすように白い窓枠と窓下のレリーフ状の白い彫り物の飾りが美しいです。



DSC09343.JPG
〈 アンダー気味の外観で白い漆喰のレリーフ状の彫り物が浮き上がります 〉

 1階と2階にそれぞれ対の小柱が数本あり小屋根を支えています。



DSC09344.JPG
〈 1階の小柱の上は白い四角をコーニス状に回しています 〉

 屋根の軒下にも白い小柱がコーニス状に短く回してあり小屋根を支えています。



DSC09345.JPG
〈 正面右側面 窓や下見板が美しく瀟洒な洋館そのものです 〉

 室内は個人邸宅であったためかなり凝った装飾で、玄関ホール、階段、マントルピースなどに木彫りの装飾があります。



DSC09346.JPG
〈 先頭形のまどは教会のように尖がりが強くないので邸宅にぴったりです 〉

<評価65クラス>
 もとはドイツ人ビショップ氏の個人邸宅です。現在は中華料理店の東天閣(とうてんかく)。同じ読みで川崎に本店のある焼肉チェーン店があるようですが別です。東天閣は王宮料理の北京ダッグやふかひれなど高級志向で、ランチでも4,000円~5,000円かかります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント