拝見 美しい姫路城の天守内 地階から6階までを見る

 美しい姫路城の天守内 地階から6階までを見る 
 JR姫路駅徒歩20分 2018年9月28日(金)拝見
 兵庫県姫路市本町68番地
 入館料1000円 世界遺産
 5重6階地下1階
 1346年建築


DSC09671.JPG
〈 狭間の塀越しに美しい白鷺城の天守が見えます 18.9.28撮影 〉

 表玄関は、格調高い菱の門です。片側だけ石垣に乗る珍しい櫓門と呼ばれる様式の城門です。門の冠木に花菱の木彫りが飾られています。



DSC09675.JPG
〈 壁の狭間内側 四角で縦に長いので矢の用 三角、円形は鉄砲の角度を変えます 〉

 大天守の地階に、天守閣を直接支える西大柱と東大柱があります。厠と流しがあります。



DSC09683.JPG
〈 左の梁に釘の頭を隠すための6枚葉のデザイン六葉釘隠しが見えます 〉

 1階には、石落とし。張り出すかたちでせり出させ、開口部から真下に石を落とします。天守への出入り口は4カ所で、そのうち2カ所が1階にあります。



DSC09686.JPG
〈 六葉釘隠しの上に梁を鉄製の万力で支える地震対策がしてあります 〉

 2階に、武具庫と武具掛けがあります。槍はすぐ掴めるように壁に横置きにします。



DSC09688.JPG
〈  3階の武具庫 多くの武具庫が天守内にあり武器倉庫として使われていたことが分かります 〉

 3階に、内室(うちむろ)。天守内の各所にあった収納庫ですが、特に3階は大きく、籠城の際の食料や武具などが収められたといいます。



DSC09692.JPG
〈 3階は南に唐破風が付くため窓が破風の上に開いています 〉

 3階の四隅に武者隠しの部屋があります。内部は2段になっていて、身動きは困難なほど小さいです。



DSC09703.JPG
〈 武者隠し 四隅に伏兵が入り内部の狭間から敵を迎え撃ちます 〉

 4階に、石打棚。窓などの開口部から、敵を攻撃する場合に台の上に乗って応戦します。天守内でも数か所あります。銃撃の煙を出す高窓があります。5階は東西2大柱の最頂部。6階は窓のない部屋です。



DSC09711.JPG
〈 瓦は平瓦と丸瓦を交互に置いた本瓦葺で継ぎ目の白漆喰の目地が美しい白鷺城を作っています 〉

<評価 55クラス>
 姫路城は大別すれば、内曲輪は天守・櫓・御殿など城の中枢、中曲輪は武家屋敷などの武家地、外曲輪は町人地や寺町などの城下町が置かれていました。これらの多くが城郭の内にあり、江戸時代の日本では数少ない城郭都市を構成していました。このような総構えは他に江戸城や小田原城などがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント