歩く 美しい丁寧な彫刻の元宮殿 コロネードの林立するロレーヌ歴史博物館

 美しい丁寧な彫刻の元宮殿 コロネードの林立するロレーヌ歴史博物館
 ロレーヌ地方・ナンシー駅徒歩15分 2017年9月15日(金)歩く
 49Place du Général de Gaulle,54000ナンシー,フランス
 入館料6ユーロ
 石造り3階建て
 13世紀建築


DSC04521.JPG
〈 フラット面にバルコニーと豪華彫刻が飛び出します 17.9.15撮影 〉

 スタニスラス広場のロココ調の凱旋門の向こうに、真っ直ぐなカリエール広場の先にロレーヌ歴史博物館が見えます。



DSC04522.JPG
〈 唐草の上に小さい天使 建物全体に小さな天使、女神が散りばめられています 〉

 ファサードは、立体的な美しい彫刻が散りばめられ、大きめのバルコニーが飛び出しています。



DSC04523.JPG
〈 2対のコリントで3階建てのファサードを飾っています 〉

 中央のニッチの中で馬上で右手を上げる姿は、中年のロレーヌ公でしょう。



DSC04525.JPG
〈 半円のコロネード 壁の女神像が人の視線にちょうど良い高さです 〉

 計画的に建物が見えるのは、もとロレーヌ公の宮殿であったからです。宮殿はルネサンス様式で南側正面には対の柱が林立しています。



DSC04526.JPG
〈 女神像と合うロココ調のナンシー文化 宮殿なので散りばめた彫刻が丁寧です 〉

 ファサードの裏に広い正方形の中庭があり、その西側にL字の建物があります。



DSC04527.JPG
〈 1階の建物内の列柱は身近で地下神殿の心地です 〉

 南側の広場が半円形の美しいコロネードの列柱です。コリント式の柱とピラスターは上層階を区切っています。



DSC04528.JPG
〈 スタニスラフ文化は金と黒の華飾 埋め尽くされても豊醇感は尽きないです 〉

 座っている彫像の中に耐えるような女性の4つの彫像が収められています。



DSC04532.JPG
〈 隅切りの水飲み場 ナンシー市民も飲まないと思いますが憩いの場です 〉

<評価 60クラス>
 歴史博物館内は、1階には教会にあった宗教的彫刻類、2階に絵画、版画。3階には陶製の大きな調度品や古時計があります。絵画では、ロレーヌ生まれの画家、明暗法で夜の画家と呼ばれたジョルジュ・ド・ラ・トゥールや緻密なエッチングの版画家のジャック・カロの作品があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント