歩く ホームをまたぐ大屋根が2つ アール・ヌーヴォー風のプラハ中央駅駅舎

 ホームをまたぐ大屋根が2つ アール・ヌーヴォー風のプラハ中央駅駅舎
 プラハ-コリーン線プラハ中央駅徒歩1分 2018年5月1日(火)歩く
 Wilsonova 300/8,12000Vinohrady, チェコ
 地上駅
 7面13線
 地上3階、地下1階
 2005年建築


DSC08018.JPG
〈 大屋根のトンネルが2流れ トンネルハウスにいるようです 18.5.1撮影 〉

 駅舎は玄関口タイプで屋根は赤。2流ホームをまたぐトレイン・シェッドと呼ばれる大屋根が架かっています。



DSC08020.JPG
〈 チェコ語でPraha hlavní nádraží と書かれています 〉

 駅舎は、アール・ヌーヴォー風といわれ、歴史あるプラハの街並みと調和しています。



DSC08021.JPG
〈 中央の透明な塔は地下鉄の入り口などいくつもある通り抜けの通路です 〉

 地上3階、地下1階の4層で構成されており、3階にカフェがあり吹き抜けになっています。



DSC08022.JPG
〈 東側南の駅舎内にはスーパーマーケット・ビラもあります 〉

 カフェのすぐ上は、華麗な丸屋根に彩られており、天井を鑑賞のために見上げる人が多いです。



DSC08024.JPG
〈 正面はチェーン店ポトレフェナウサ 売りはおいしいハンバーガーです 〉

 チェコは、ポーランド、ドイツ、オーストリア、スロバキアに囲まれ、首都プラハは、ヨーロッパの中心にあり、交通の要になっています。



DSC08028.JPG
 
〈 美しいアールヌーヴォーの大ドーム 3階の喫茶席だと迫力あります 〉

 プラハ中央駅は、プラハ中心部の東側はずれにあり、中心部乗り入れの玄関口になっています。



DSC08030.JPG
〈 プラハの英雄アルフォンス・ミュシャのアールヌーヴォーが始まっています 〉

 地上駅で、ホーム7面14線、乗入路7線路線あり、プラハで最大です。



DSC08052.JPG
〈  1階で切符を買って地下鉄へ イタリアと同じ真っ赤がメトロは多いです 〉

<評価 55クラス>
 駅のすぐ南側にはプラハ国立歌劇場や国立博物館があります。近距離列車が主に発着するプラハ・マサリク駅も近い。駅から徒歩15分で旧市街広場にまで行きます。中途半端ではあるが、地下鉄C線で上り1駅で乗り換え1駅で観光で有名な市民会館のあるレプブリキ駅、下り1駅で乗り換え1駅で観光の主要駅ムーステクに行けます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント