散策 立山を指さす開山した伝説の少年 佐伯有頼少年像

 立山を指さす開山した伝説の少年 佐伯有頼少年像
 JR富山駅バス15分徒歩15分 2018年8月27日(月)散策
 富山県富山市安養坊
 2001年建築


DSC09017.1.JPG
〈  立山から飛騨連峰が壁のように連なります 18.8.27撮影 〉

 南北500m、東西1kmの呉羽山公園のほぼ中央に展望台があります。



DSC09017.JPG
〈 白鷹を左手に持ち立山を指さす痩せ気味の少年像です 〉

 展望台からは、南東方向に富山市街が見え、その向こうに立山と飛騨山脈が見えます。



DSC09018.JPG
〈 佐伯有頼少年像 立山・剱岳の山関係者は末裔の佐伯姓が多いという 〉

 展望台には、ちょうど視線と同じ立山を指さす佐伯有頼像が建っています。



DSC09019.JPG
〈 北陸新幹線の斜張橋が見えているようです 〉

 少年の面影で、右手は立山を指さし、左手には白鷹が止まっています。
   


DSC09014.JPG
〈 川の左が神通川上流 岐阜県をまっすぐ北上し富山湾に注ぎます 〉

 佐伯有頼は、天武天皇5年(676年)頃 - 天平宝字3年(759年)に、飛鳥時代から奈良時代にかけての伝説上の人物です。



DSC09015.JPG
〈 富山県庁方面 ホテルや県民会館などが見えます 〉

 「立山開山縁起」に登場し、霊示を受け、神仏習合の一大霊場である立山を開山したという。



DSC09016.JPG
〈 公園内には民芸館や陶芸館、民族資料館などがあります 〉

<評価 55クラス>
 白鷹伝説があり、有頼が父の大切な白鷹を無断で持ち出し狩りにでかけたところ、白鷹に導かれて美しい高原にたどり着いた。その時、出会った阿弥陀如来に立山の開山を告げられ、 文武天皇に報告すると、深く感激し勅命により立山を霊域として開山したという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント