拝見 シニャックの点描法で海がキラキラ光る サン=トロペの港

 シニャックの点描法で海がキラキラ光る サン=トロペの港
 JR東北線上野駅徒歩9分  2018年7月13日(金)拝見
 東京都台東区上野公園7番7号
 国立西洋美術館内
 入館料500円


DSC07879.JPG
〈 サン=トロペの港 ポール・シニャック 1902年 キラキラ点描法です 18.7.13撮影 〉

 この作品は、ポスト印象派のシニャックが点描法を広めました。絵の具を混ぜ合わせないため、画面が明るく見えます。



DSC08772.JPG
〈 若い母 モーリス・ドニ 1919年 平面的で影まで明るいです 〉

 モーリス・ドニは、前半は宗教的な題材と海や海岸線の絵を描きました。後半は、風景画や特に母子の人物画など描きました。



DSC08825.JPG
〈 聖カタリナの神秘の結婚 パオロ・ヴェロネーゼ 1547年 太めです 〉

 この作品は、右側の女王のカタリナが洗礼を受けてキリスト教に改宗し、中央の幼児キリストと神秘的な結婚をする場面です。キリストは、カタリナの方を向き指に指輪をはめたといいます。



DSC08828.JPG
〈 楽器のある静物 エヴァリスト・バスケニス 1660年 木が立体的です 〉

 この作品は、楽器の静物画で知られるバスケニスが、無造作に置かれた楽器群の中に、左側のリュートの胴の白いホコリをぬぐった指の跡を見せることが驚きです。



DSC08831.JPG
〈 ヴィーナスによって天上に導かれるヴェットール・ピサーニ提督 ジョヴァンニ・ティエポロ 1743年 天井画には雲間を浮遊するのが多いです 〉

 この作品は、中央左の兜をかぶった人物をヴィーナスが右上に現われた暗そうな二人に紹介する仕草を見せています。



DSC08885.JPG
〈 ピアノを弾く妻イーダのいる室内 ヴィルヘルム・ハンマースホイ 1910年 机のつや巧み 〉

 この作品は、19世紀末デンマークを代表するハーマスホイが、繰り返し描いた構図です。 開け放たれた扉から、隣で弾くピアノの音が流れて出てくるのが分かります。



DSC08888.JPG
〈 町役場 モーリス・ド・ヴラマンク 1920年 厚みがある絵です 〉

 モーリス・ド・ヴラマンクは、1876年パリ生まれのフォービズムの画家、文筆家。束縛を嫌い独学で自分だけを信じたが、ファン・ゴッホにだけは影響を受けたことを表明しました。



DSC08890.JPG
〈 果物 アンドレ・ドラン 1880年 古典的な巧みな陰影です 〉

<評価 60クラス>
 ポール・シニャックは、1863年パリ生まれの新印象派の画家。新印象派は、 ジョルジュ・スーラとともにシニャックが確立したもので、印象派の色彩理論が直観的だったのに対し、点描法による鮮明な色彩表現で科学的に推進しました。点描法は、混色を使わずいくつかの原色に近い色を細かく配置することで周囲の光や空気の微細な変化をもたらす画法です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント