訪問 美しい切妻屋根とトスカーナ式柱のファサード 茂原昇天教会

 美しい切妻屋根とトスカーナ式柱のファサード 茂原昇天教会
 JR外房線茂原駅徒歩10分 2020年1月3日(金)
 千葉県茂原市茂原581
 国登録有形文化財
 木造平屋建て 瓦葺
 昭和8年建築


DSC00118.JPG
〈 濃茶の太線の切妻屋根をシンプルな柱が支えます 20.1.3撮影 〉

 最寄りの茂原駅南口から歩くと、茂原小学校の先に、平面的な周囲の中に一軒家が見えてきます。



DSC00119.JPG
〈 身廊の形の平面的な意匠 十字にも見えます 〉

 単廊式の礼拝堂で、上から見た平面の輪郭は十字架を描くという。



DSC00120.JPG
〈 入り口の照明は溝を入れたおシャレなガラス製です 〉

 ファサードが特徴的で、ハーフティンバー風に仕上げられた身廊部正面の切妻と、正方形と八角形断面のカップルとなったトスカナ式の柱に支持された玄関が美しいです。



DSC00123.JPG
〈 ラテン十字を描いたような窓 尖塔形より柔らかくて良い 〉

 トスカナ式の柱は、トスカーナ地方のオーダーで、ドリス式のフルーティングや
装飾がないシンプルな柱です。



DSC00126.JPG
〈 窓に半分明るい彩り 聖堂に希望を見出せます 〉

 敷地南側に茂原教会付属のエンゼル幼稚園があります。



DSC00127.JPG
〈 床の換気口は唐草の意匠が良いです 〉

 キリスト教に限らず、お寺でも幼稚園を付属したものは多い。園児や教諭は、信者ばかりではないので、教育は難しい点もあるでしょう。



DSC00128.JPG
〈 インド風の濃い平板的な人模様が面白いです 〉

 茂原市は、夏暑く、関東三大七夕祭りで有名。あとは、入間川とひらつか。茂原の由来は湿地が多く藻原が変わったもの。



DSC00129.JPG
〈 ファサード裏に扉 牧師の部屋か聖人の部屋でしょうか 〉

<評価 70クラス>
 日本聖公会は 宗教改革の中からイングランドで生まれたキリスト教の一教派。昇天は、キリスト教の教義で キリストは復活後,弟子たちの前に現れ,40日後彼らの面前で天にのぼったという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント