見る ヨーロッパへ向かうアフリカ・リビア難民の厳しい現状

 ヨーロッパへ向かうアフリカ・リビア難民の厳しい現状
 メトロ1号線ドーモ駅徒歩1分 2017年5月8日(月)見る
 Piazza del Duomo,12,20122Milano ミラノ、イタリア
 ミラノ王宮内写真展
 イマン・ベルハジ・アリ


DSC03479.JPG
〈 地中海で逮捕されたサハラ出身の女性移民 2016年5月 リビア西部です 17.5.8撮影 〉

 リビアは、北アフリカの共和国家。北は地中海に面し、海を隔てて旧宗主国のイタリアが存在し、首都はトリポリです。



DSC03481.JPG
〈 違法なサハラ以南の移民と難民 医療から引き出され拘置所へ向かいます 〉

 難民はその朝トリポリの港に戻され、消耗し、脱水し、応急処置を受けました。



DSC03483.JPG
〈 皮膚感染の若い女性 サーマン拘留センター 目と手が見ていてつらいです 〉

 古代リビュアはフェニキア人、カルタゴ、古代ローマ、東ローマ帝国の支配を受けました。



DSC03485.JPG
〈 横たわるサハラ以南の不法移民 過酷な渡航を知りながらです 〉

 カダフィ政権時代には革命時に外国資本を抑えることによって確保した豊富な石油収入を国民に分配し、教育や医療など国民の生活水準はアフリカ屈指となりました。



DSC03487.JPG
〈 拘留センターに移送するため刑務所の庭に並ぶ女性移民です 〉

 貧困や紛争にさらされた周辺国から、情勢的にも経済的にも比較的安定しているとされているリビアに逃げてきて生計を立てようとします。



DSC03489.JPG
〈 不法移民および難民のグループをゾビヤセンターに拘留します 〉

 実際はリビア国内の状況は安定しているとは言いがたく、逃れてきた人々は搾取や暴力の対象にされやすく、誘拐される人もいます。



DSC03491.JPG
〈 西リビアで他の勾留センターに行く便を待つ女性不法移民です 〉

 避難先での命を落としかねない状況から逃れるために、多くの人が命をかけてヨーロッパを目指して海を渡っています。



DSC03493.JPG
〈 不法移民や難民の死体を自警団グループが監視しています 〉

<評価 55クラス>
 国際移住機関は2018年7月に、移民・難民を乗せて欧州に向かっていた密航船がリビア沖で遭難し、204人が溺死したと発表しました。2015年に監視に入ってからこれまでに、2100人が地中海を渡ってヨーロッパにたどり着こうとして、命を落としています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント