歩く 美しいブナ、ナラの新緑と水しぶき 十和田の奥入瀬渓流

 美しいブナ、ナラの新緑と水しぶき 十和田の奥入瀬渓流
 東北新幹線八戸駅バス2時間30分 2019年8月16日(金)歩く
 青森県十和田市大字奥瀬
 十和田八幡平国立公園
 国特別名勝


DSC01800.JPG
〈 ブナ、ナラなどの混成林の新緑が渓流を包みます 19.8.16撮影 〉

 十和田市街から車で東方向へ奥入瀬川沿いに走っていきます。



DSC01813.JPG
〈 岩にはコケ 流木にはシダ 周囲の木の紅葉も美しいでしょう 〉

 左手に見えた焼山駐在所を十和田湖方面に入っていくと、急に日陰が増え奥入瀬の雰囲気になって行きます。



DSC01814.JPG
〈 岩の配置も見事 小滝を作るちょうどよい高さです 〉

  渓谷よりは奥入瀬(おいらせ)渓流という名前を使うようで、約14kmの各所に表示があります。



DSC01816.JPG
〈 周囲の木々が密植なのが美しい景観を作る理由です 〉

 南西にある十和田湖を水源として、適度な勾配で渓流が流れてくるため、いくつもの小さめの滝があり、瀑布街道と呼ばれているという。



DSC01817.JPG
〈 十和田湖の水質は鉛や銅、亜鉛の鉱山があった影響がまだあるという 〉

 渓流沿いに国道が走りますが、より川沿いに遊歩道が整備されており、美しい新緑や紅葉を楽しめます。



DSC01818.JPG
〈 周辺は冷温帯林(ブナ)や亜寒帯林(ダケカンバ)が広がります 〉

 渓流である奥入瀬川は、 十和田湖の唯一の流出河川で、湖の東岸から北東に流れ、十和田市焼山で東に向きを変えます。



DSC01819.JPG
〈 魚はヒメマス、ニジマス、イワナ、カジカ、ヨシノボリなどです 〉

 その後、十和田市市街地の南側を流れ、ほぼ真東方向に流れ太平洋に注ぎます。



DSC01820.JPG
〈 ツキノワグマが出る マタギ(猟師)もいます 〉

<評価 70クラス>
 奥入瀬川は、長さ70kmの二級河川です。青森県内だけを流れ、大きな水量ではないようです。十和田湖の出口の子ノ口制水門で水量が調節されています。奥入瀬川と同じおいらせと読む追良瀬川が同じ青森県にあります。長さ34kmの短い川で、奥入瀬川と反対の西方向にあり、日本海側に流れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント