拝見 沖縄久米島のヤジャーガマ遺跡から均整の美しい類須恵器

 沖縄久米島のヤジャーガマ遺跡から均整の美しい類須恵器
 ゆいレールおもろまち駅徒歩7分 2018年1月2日(火)拝見
 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1-1
 沖縄県立博物館美術館


画像
《 類須恵器壺形 ヤジャーガマ遺跡 たたき模様です 18.1.2撮影 》

 この作品は12世紀頃の類須恵器で、表面は灰色で均整の取れた美しい壺形です。類須恵器は、11世紀~14世紀頃に琉球列島で広く流通した素焼きの陶器です。



画像
《 壺形土器 口元から一気に膨らむ壺形です 》

 須恵器とは、陶質土器(青灰色の陶器)のことで、似ているので類・須恵器と名付けられました。



画像
《  滑石製石鍋 出土不明 グスク時代 軟らかい石で彫りやすい 》

 この滑石製石鍋は、本土では長崎県を中心に平安時代から室町時代にかけて石製鍋として作られました。



画像