散歩 パラペットを立ち上げた典型的なミニ銀行建築 旧足利銀行栃木支店

 パラペットを立ち上げた典型的なミニ銀行建築 旧足利銀行栃木支店
 東武日光線新栃木駅徒歩12分 2017年3月20日(月)散歩
 栃木県栃木市万町15-25
 オールウェイズカマヤ
 木造平屋建、鉄板葺
 昭和9年建築


《 ファサードの屋上は一段高いパラペット上げ 17.3.20撮影 》

 旧日光例幣使街道に東面して建っています。旧日光例幣使街道は、江戸時代の脇街道で、現在の日光市から鹿沼市、栃木市、佐野市、足利市、群馬県太田市、伊勢崎市、高崎市に至る、東照宮に奉献するための勅使が通った道です。



《 銀行ならではの美しい彫刻が庇下に3連です 》

 建築面積111㎡と普通の1戸建てと同程度です。



《 窓の内側にカラフルな透過ガラス 内側は多彩です 》

 切妻造鉄板葺の周囲にパラペットを立ち上げます。



《 屋上の軒下はフェルマータ記号で簡素過ぎます 》

 外観を陸屋根に見せる木造平屋建です。



《 正面裏 看板建築にならないことが商店との信用の違い 》

 正面中央に出入口を設け、その両脇にトスカナ式オーダー風の角柱を建てます。



《 雨樋受け 壁と合わせて四角にこだわっています 》

 トスカナ式オーダーは、ドリア式をより彫刻をしないシンプルな柱です。



《 外壁から見るとステンドグラス風 絵でも明るい 》

 古典様式になる昭和前期の銀行建築の典型例です。



《 建物に合わせ街灯も昭和レトロで雰囲気あります 》

<評価 65クラス>
 足利銀行は、明治28年にその名の通り、現足利市に創業です。あしぎんの愛称で親しまれています。昭和42年に本店が足利を離れ宇都宮に移転。栃木県内では5割を越す圧倒的な占有率を誇り、埼玉県でも戦前に北部の中小銀行を吸収していたことにより、16店舗を出店しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック