訪問 新棟の影になりながら両翼を突き出す 旧栃木病院

 新棟の影になりながら両翼を突き出す 旧栃木病院
 東武宇都宮線新栃木駅徒歩10分 2017年3月20日(月)訪問
 栃木県栃木市万町13-13
 国登録有形文化財
 木造2階建,鋼板葺
 大正2年建築


《 中央棟は美しい装飾がてんこ盛りです 17.3.20撮影 》

 栃木蔵造りの街の400m北側にあります。



《 中央の勾配の急な屋根に両翼が付きます 》

 万町交番前交差点の西100mにあり、クリニックの病棟から少し南側に入ったところに、影になるように旧栃木病院があります。



《 中央棟の屋根に台形のドーマー 意匠に凝ります 》

 中央部は吹き放しのべランダの左右に翼部を張り出しています。



《 バルコニーはトラス構造の模様でしっかり 》

 外観は、激しく視界に迫り、それぞれの翼部の屋根の形をかえています。



《 玄関天井は照明はないがしっくいの型模様です 》

 玄関は外壁面よりかなり内側にあり、上部にバルコニーを置くことで立体感を発揮します。



《 入り口 細めの格子窓で取り囲みます 》

 ハーフティンバーを用いた本格的な洋風意匠で、洋風建築が多い栃木市内でも目を引きます。



《 バルコニー下を板で模様を作り埋めています 》

 双翼の屋根は、中央棟のドーマーを挟んで急勾配で変化に富んでいますが、樹木が前にあり見えにくいのが残念です。



《 大きな建物 周りが狭く全体が見えにくいのが残念です 》

<評価 70クラス>
 旧栃木病院は閉院し、医療法人杏林会栃木中央クリニックとして北に隣接し開院しています。新棟は巴波川のすぐ西側で、 鉄筋2階建ての社宅みたいな病棟です。 内科、麻酔科、ペインクリニック内科が診療科目にあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック