歩く 機械仕掛けの散歩する巨大な像 レ・マシーン・ドリル

 機械仕掛けの散歩する巨大な像 レ・マシーン・ドリル
 ロワール県ナント駅徒歩25分 2017年9月13日(木)歩く
 Les Chantiers | Bd Leon Bureau,44200, ナント、フランス
 8.5ユーロ
 2007年建築


《 囲いがない広場をゆったりと歩きます 17.9.13撮影 》

 ナントで1番の観光地となった遊園地です。



《 鼻や首は大きく動くので歓声が上がります 》

 機械仕掛けの像が人気者です。高さ12m、人を40人以上乗せて、大きな鼻から水を吹きながら歩く姿は、今までにない驚きです。



《 運転席は前面で地上高3m 水しぶきもかかります 》

 もちろんゆっくりですが、1ライド25分くらいです。



《 本物より大きいのが良い 横姿も素晴らしい出来栄え 》

 会場からロワール川沿いまで、コースを変えながらパサージュを通ったりしながら、人を掻き分け歩きます。



《 機械仕掛けで耳や目も動く 技術的にも高度です 》

 旧造船所が、クリエイター集団ラ・マシンによって、遊園地に生まれ変わりました。



《 エンジン回りのオペレーター 臭いや音は気にならない 》

 レ・マシーン・ドリルは、ロワール川沿いの機械仕掛けくらいの意味でしょう。



《 後部のオペレーター側に小象発見 ユーモアが嬉しい 》

 よくみると巨体を移動させているのは運転手がいるタイヤ付きの重機ですが、鼻と脚の動きは象と同じですし、なにより木で作っている象の体には感動します。



《 後輪回りは手作り感が強く修理もやりやすくしています 》

<評価 80クラス>
 機械産業の町ナントの造船所の跡地をラ・マシンという機械集団が変えました。ラ・マシンは、このナントを拠点として機械を作って劇団などに提供したり、機械を動かすパフォーマンス集団です。劇団のマシンを作っていた技術者や彫刻家、建築家、クリエーターが1999年に立ち上げた団体です。設立時は巨大人形の創作でしたが、このレ・マシーン・ドリルをきっかけに人形を動かすパフォーマンスを行っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック