散歩 巨大な車寄せの洋風建築・白亜館 宇都宮高等学校旧本館

 巨大な車寄せの洋風建築・白亜館 宇都宮高等学校旧本館
 JR東北本線宇都宮駅バス15分 2017年3月20日(月)散歩
 栃木県宇都宮市峰町350 
 旧栃木県尋常中学校校舎
 国登録有形文化財
 木造2階建,瓦葺
 明治26年建築


《 ファサードは日光駅舎に似ているようです 17.3.20撮影 》

 寄棟造の大屋根を架けた県内最古の学校建築です。



《 ペディメントの位置に雲形の木組みを巧みに入れた 》

 設計は、文部省の技師です。



《 バルコニーのトックリ型手摺り ボーリングのピン形だ 》

 1階は事務室・職員室・校長室などです。



《 車寄せの天井の照明 大きいと大きめの照明が必要です 》

 2階は広い1室の講堂で,木材は日光杉並木の杉材を用いている。



《 内部は学校の展示コーナー 履歴がわかります 》

 全国中学校建築のモデルになりました。



《 正面裏手 右窓が互い違いで面白い意匠です 》

 白亜館の名で卒業生だけでなく、多くの市民に親しまれています。



《 三角の木組みは張り出し屋根の残りでしょう 》

 白亜となったのは、昭和32年に外観をすべて白く塗りました。



《 当時工事か定かでないがタイルの色、置き方がモダンです 》

<評価 55クラス>
 寄棟造りの大屋根が架けられており、玄関ポーチの上は飾りバルコニーです。その上の大きな三角形の破風が全体のアクセントとなっており、外観を引き締めています。1階は大きく3つ(事務室・職員室・校長室)に分けられており、2階は講堂です。木材には、日光並木杉が使われました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック