散歩 洋風の三角切妻屋根と四角の車寄せ 宇都宮大学峰が丘講堂

 洋風の三角切妻屋根と四角の車寄せ 宇都宮大学峰が丘講堂
 JR東北本線宇都宮駅バス15分 2017年3月20日(月)散歩
 栃木県宇都宮市峰町350 
 旧宇都宮高等農林学校講堂
 木造2階建て
 大正13年建築、平成21年改築
   

《 大きな切り妻に両端の塔屋のような立ち上がりです 17.3.20撮影 》

 ファサードの大きな切妻破風と両端の小さな切妻破風が対比的です。



《 木ならではの小さい丸・四角の彫り物 目立つファサードです 》

 また大屋根に銅板張の換気塔を載せています。



《 入り口 両開き扉 いまは平板なガラス戸です 》

 外装に洋風の浮き彫り装飾を施しています。



《 車寄せに3連柱 電気器具のような頭の意匠です 》

 1階の車寄せを入ると、ホール内の左脇に2階への階段があります。
 


《 車寄せの天井の照明 大きな張り出しで照明は必須でしょう 》

 講堂へのホールは小さく、前室という感じです。



《  正面右側面 明かりを十分とれる窓 上下窓です 》

 正面奥のステージは、桃のようなアーチ形の上部の下に、階段3段程度の舞台になっています。



《 欄間が繊細 ダイヤの形を入れるなど進取性があります 》

 キャンパス内にあるフランス式庭園とともに当時の面影を残すシンボルです。



《 2段の美しい講堂 シャンデリアがあり点くと美しい 》

<評価 55クラス>
 宇都宮高等農林学校は、大正時代中期の全国的な官立高等教育機関増設政策で設立された高等農林学校の一つです。他校に見られない特色として、第二外国語がドイツ語のほかに中国語、ロシア語、スペイン語の選択が可能でした。また、農政経済学科をおいたことや林学科なども経済学や経理学優先の方針が立てられました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック