洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く パリ北東部の都市計画の目玉 アーケード調のローザ・パークス駅

<<   作成日時 : 2017/06/23 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 パリ北東部の都市計画の目玉 アーケード調のローザ・パークス駅
 パリ地下鉄E線ローザ・パークス駅 2017年5月4日(木)歩く
 39 Gaston Tessier, 75019 パリ、フランス
 2016年建築


画像
《 アーケード調で近代的でもなんでもない感じ 17.5.4撮影 》

 所有者は、SNFCです。



画像
《 周辺は鉄道脇や囲まれた地域に面白いビルが林立 》

 円形のパリの街区の北北東部にあります。



画像
《 RER(イルドフランス公共鉄道)の電車 堅牢で落書きが多い 》

 SNFCは、フランス国有鉄道(Société Nationale des Chemins de fer Français)は、フランスを統括する鉄道事業者で、企業形態は日本における公共企業体に近い。



画像
《 ローザ・パークス駅の看板 デザイン良すぎて着くまで見えない 》

 乗り継ぎとして、RER線と地下鉄E線があります。



画像
《 スタイリッシュで機能的 アーケード調にしか見えない 》

 パリ北東部の都市計画の目玉として建設されました。



画像
《 思い切っておしゃれな時計 黄色は確かに目立ちます 》

 イルドフランスの主要拠点を目指しました。イルドフランスは、パリを中心とした地域圏で、パリの島という意味。パリ県を中心とする8県からなる。



画像
《 パリは自分で歩くと言いながら駅はエスカレーター 》

 マルチモーダルセンターを通じ、広大な都市部の通過で構成されています。



画像
《 最近の東京銀座の上を行くセンスのにぶいビルです 》

<評価 55クラス>
 フランス国鉄は、古くより列車のスピードアップに力を注ぎ、速度記録を絶えず更新し続けてきました。1950年代半ばには、CC7107号機が326km/hの記録を出し、その後もBB9004号機にて331km/hの記録を出しました。これらの技術の蓄積がTGVの開発や、現在の320km/hでの営業運転につながっています。 TGVタイプのTGV、ユーロスター(社)、タリス(社)があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く パリ北東部の都市計画の目玉 アーケード調のローザ・パークス駅 洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる