拝察 シュールレアリズムを日本に紹介した 洋画家・福沢一郎

 シュールレアリズムを日本に紹介した 洋画家・福沢一郎
 東京メトロ東西線竹橋駅徒歩5分 2016年12月24日(土)拝察
 東京都千代田区北の丸公園3-1
 東京国立近代美術館展示室
 入館料420円



画像
《 Poisson d'Avril(4月馬鹿) 福沢一郎 昭和5年 軍服に見える 16.12.24撮影 》
 
 Poisson d'Avril は、タイトルまで含めた題ですが、直訳すると4月の魚ですが、意味は4月馬鹿です。中央の容器に入ったおもちゃの魚の回りで 奇妙な身振りをした男たちが踊っています。権威に対するユーモアでしょう。



画像
《 牛 福沢一郎 昭和11年 力強さが見事な作品です 》

 代表作です。牛といい、空といい、影といい、福沢絵画の頂点と言われています。



画像
《 奥入瀬の渓流 安井曾太郎 昭和8年 川の白さが目に眩しい 》

 安井が青森県の十和田湖と奥入瀬を訪れたのは、昭和7年ですので、直後に描かれたものです。



画像