拝見 前衛、抽象と言われた浦和画家 瑛九の二人

 前衛、抽象と言われた浦和画家 瑛九の二人 
 東京メトロ東西線竹橋駅徒歩5分 2016年12月24日(土)拝見
 東京都千代田区北の丸公園3-1
 東京国立近代美術館展示室
 入館料420円


画像
《 二人 瑛九 昭和10年 中央と右下に顔あり 16.12.24撮影 》

 瑛九(えいきゅう)は、本名杉田秀夫、明治44年宮崎市生まれの画家、版画家、写真家で、浦和画家として有名だという。



画像
《 眠りの理由 7 昭和11年 ゼラチン・シルバー・プリント 燃えたよう 》

 ゼラチン・シルバー・プリントは、ゼラチンに臭化銀などの光に感じる物質を混ぜ、紙に塗って乾かした印画紙です。



画像
《 眠りの理由 3 昭和11年 女性が横たわっています 》

 眠りの理由は、人のあり方、人への接近方法を考えさせます。



画像