洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 訪問 煉瓦造りの小振りな試験炉 萩反射炉

<<   作成日時 : 2017/01/26 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 煉瓦造りの小振りな試験炉 萩反射炉 
 JR山陰本線徒歩25分 2016年12月31日(土)訪問
 山口県萩市椿東4897-7
 世界遺産


画像
《 煙突は二股に別れ、内部はもともと2本です 16.12.31撮影 》

 北浦街道と山陰本線に挟まれて、小高い丘の上に建っています。



画像
 
《 アーチ形の焚き口 火は天井で反射し高温が得られます 》

 長州藩は、清とイギリスのアヘン戦争や黒船来航で海防の必要性を感じていました。



画像
《 横からは煙突が一列に見えます 下部は石組みになっています 》

 そこで、西洋の鉄製大砲を鋳造するために金属溶解炉として導入しました。



画像
《 炉の外壁は石の回りにセンメトのような充填材が溶解しています 》

 煙突部が残っていて、高さは高さは10.5mです。



画像
《  石は雨、風等の経年変化で美しくなります 》

 上部が煉瓦積み、その下が安山岩と赤土で造られています。



画像
《 炉の倒壊防止のサポート 炉内は1年定期で張り替えたりします 》

 上部が二股に分かれており、独立した2本の煙突となっています。



画像
《 外壁に頻繁に御札が張られています 炉の安全のお守りでしょう 》

 15mある静岡の韮山反射炉から見ると、小さい感じがするが、萩は試験炉で、実用炉は作られなかったという。



画像
《 炉の煉瓦はかなりの改修を重ねています 煉瓦はもろいです 》

<評価 55クラス>
 この萩反射炉と静岡県東伊豆市の韮山反射炉の2炉だけが、残っています。明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業として、2炉を含む山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・岩手・静岡の8県に点在する遺構が、平成27年に世界遺産に登録されました。この中には、長崎県の端島・通称「軍艦島」が含まれています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
荻反射炉は長州藩が築造
萩反射炉は、西洋式の鉄製大砲鋳造を目指した長州藩が1856年に建設した反射炉の遺跡で、国の史跡、世界遺産である。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2018/11/06 12:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

訪問 煉瓦造りの小振りな試験炉 萩反射炉 洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる