拝見 シュルレアリスト古賀春江の晩年の夢の絵 楽しき饗宴、そこに在る

 シュルレアリスト古賀春江の晩年の夢の絵 楽しき饗宴、そこに在る
 東京メトロ東西線竹橋駅徒歩5分 2016年12月24日(土)拝見
 東京都千代田区北の丸公園3-1
 東京国立近代美術館展示室
 入館料420円


画像
《 楽しき饗宴 古賀春江 昭和8年 子供の誕生のよう 16.12.31撮影 》

 古賀春江さん、男性画家の晩年の水彩画です。昭和8年9月に亡くなりました。



画像
《 そこに在る 古賀春江 昭和8年 幼児用の星座でしょう 》

 そこに在るは、題名からは意味が分かりにくいです。あるといるの違い、哲学的にも思います。上の楽しき饗宴のプロトタイプのようです。



画像
《 雲の上を飛ぶ蝶 三岸好太郎 昭和9年 恐いけど平面的です 》

 三岸好太郎は、明治36年札幌市出身の洋画家です。初めは、アンリ・ルソー風な絵を目指したが、後半生はエキゾチックでロマンチシズムあふれる作風となりました。



画像