散策 化粧タイルで磨きをかける メタリックな資生堂企業資料館

 化粧タイルで磨きをかける メタリックな資生堂企業資料館 
 JR東海道線掛川駅徒歩25分 2015年12月31日(木)散策
 静岡県掛川市下俣751-1
 資生堂掛川工場内
 S造一部RC造
 地上4階建て
 平成4年建築

 
《 メタリックな建物が組み合った美しさです 15.12.31撮影 》

 館内に、散策に適したガーデン掛川があります。



《 入り口は奥まっているが平凡 化ける化粧が見たい 》

 園内に資生堂のSの字をモチーフとした歩道を設けています。



《 化粧文化を伝えるには平凡すぎる 化粧はもっと多様です 》

 資生堂は、世界88ヶ国で事業展開し海外売上比率は5割を超えるという。



《 つや消しのメタリックタイル 花椿などシンボルをもっと入れたい 》

 商号の由来は、中国の古典・易経です。「資生」は中国清代の文献に良く見られ、economyの訳語として用いられた時期もありました。



《 ファサードの平屋風に比べ本体はマジック オフィスです 》

 シンボルマークは花椿です。雲型の四角を立たせて椿が2輪咲いています。



《 メタリックタイルと透過型タイル 夜は透けそうです 》

 渋沢財閥系が発起で、伊藤忠商事が中核、みずほ証券、フコク生命などの第一勧銀グループの一員です。



《 周辺は何もない空間なので圧倒する意匠が必要です 》

<評価 55クラス>
 創業は明治5年、日本初の洋風調剤薬局として福原有信が東京・銀座に資生堂薬局を始めました。一部、噂のあった創業は洋菓子屋というのは、資生堂内に資生堂パーラーというレストランを出店し、洋菓子を作っていたことから生まれた早とちりです。明治13年には育毛剤の販売を開始しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック