訪問 ファサードに洋風を吹き込む二段式外壁 松方正義別邸

 ファサードに洋風を吹き込む二段式外壁 松方正義別邸
 JR西那須野駅バス20分 2015年4月17日(金)訪問
 栃木県那須塩原市千本松799
 萬歳閣(ばんざいかく)
 ホウライ千本松牧場内
 木造2階建て
 明治36年建築



《 腰部の下は大谷石の石貼りで西洋風です 15.4.17撮影 》

 明治の総理大臣松方正義が、欧米式の農場として開いた千本松牧場の中にあります。



《 玄関の屋根に縦長の窓と棟を張り出したデザインです 》

 当時としてはめずらしい西洋造りで一部石造りの外壁の別荘です。



《 車寄せの屋根は上品なデザインで軒下がりもかわいいです 》

 皇太子、摂政宮が宿泊したことがあります。



《 玄関天井の照明 円形だけはもったいないです 》

 現在は、建物を子孫の方が使用しています。



《 扉は木製だが欄間もあり丁寧に大谷石と合わせています 》

 この地を那須開墾社より譲り受け、大農具を導入して欧米式の農場を開いたのが千本松牧場の始まりです。



《 全体として箱形だが随所に西洋風を感じさせる洗練さが良いです 》

 千本松の名は、周囲に多数自生していたアカマツ林からついたという。



《 南向きは、窓が多くサンルームのようです 》

 インターチェンジの直近という立地条件から、観光業にもシフトし、体験型農業施設やジンギスカンなどを中心とした飲食、酪農、農産物などの物販も充実させています。



《 子孫に活用されていて、周囲にものはなく真に別邸です 》

<評価 55クラス>
 松方正義は、内閣総理大臣を2度務めるとともに大蔵大臣を長期間務めて日本銀行を設立したり、金本位制を確立するなど、財政面から業績を残しました。鹿児島生まれの薩摩藩士。わずか13歳にして両親を亡くし、低い身分から異例の出世を遂げ、財政通として明治天皇に評価されました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック