洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩 門司港レトロにある時計塔に間違えるツートンカラー 全日本港湾労働組合北九州本部

<<   作成日時 : 2015/02/24 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 門司港レトロにある時計塔に間違えるツートンカラー 全日本港湾労働組合北九州本部
 門司港レトロ観光線出光美術館駅徒歩4分 2015年1月2日(金)散歩
 福岡県北九州市門司区東港町6−50
 鉄筋コンクリート、2階建て
 昭和21年結成



画像
《 中央上部の円は時計塔に間違いやすい 15.1.2撮影 》

 全日本港湾労働組合には、中央本部のほかに、地域8ブロックがあり九州地方本部もその一つです。



画像
《 十字に格子を入れた反射ガラスだ 》

 港湾労働者を中心に運送業・倉庫業等港湾に関する関連産業労働者を広く加入させています。



画像
《  ツートンカラーの2階は焦げ茶タイルレンガでブリックが細かい 》

 本部は、東京都大田区の日港福会館4Fにあります。



画像
《 1階は大きめな白い化粧ブロックで庇は厚めのくさび入りだ 》

 自称2万名とうたう全国単一組織の労働組合です。



画像
《 入り口は化粧タイルブロックで地区に合う格調だ 》

 沖荷役を行う労働者を沖仲仕ともいう。港湾労働者の雇用関係は不安定で,日雇で仕事にあぶれることが多く,手配衆からピンハネされる場合もあるという。



画像
《 門司港レトロは門司税関や友好図書館、茶房などレトロ調だ 》

 150m北東に、独立行政法人労働者健康福祉機構九州労災病院門司メディカルセンターがあります。



画像
《 時計台風の屋上丸窓のほか視線の位置にも丸窓を配しています 》

 労働者健康福祉機構は、32の労災病院を運営しています。



画像
《 正面左側面 ファサードと同様に窓の意匠が素晴らしい 》

<評価 55クラス>
 港湾労働で、沖中仕(おきなかし)があります。Stevedore という。船から陸への荷下ろし荷揚げを行う港湾労働者を指す古い言葉です。第四次下請けが現場作業を担当しました。作業員の雇用維持が出来ず、手配師に人集めを依頼する形態が常態化しました。高賃金で体力勝負となる労働現場は荒くれ者が集まることから荒廃しやすく、暴力団などに対する人的供給源や資金源となることもあり、反社会的な位置づけを受けることがありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

散歩 門司港レトロにある時計塔に間違えるツートンカラー 全日本港湾労働組合北九州本部 洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる