散歩 1階が和風建築で2階が王宮風の洋館 旧清藤辮吉氏別邸

 1階が和風建築で2階が王宮風の洋館 旧清藤辮吉氏別邸
 弘南鉄道弘南線津軽尾上駅徒歩10分 2014年8月17日(日)散歩
 盛美館
 青森県平川市猿賀石林1
 木造2階建て
 明治41年建築



《 2階以上が王宮のようにゴージャスです 14.8.17撮影 》

 敷地隅の南西に 和洋折衷の洋館、盛美館が建てられて、東方向に大きな日本庭園が眼前に広がります。



《 左端の八角塔屋が大きい 1Fは民家風に木造で地味です 》

 1階と2階でインバランスに意匠が異なっています。



《 2階窓の上に美しいウィングの意匠 庇は厚めです 》

 1階は庭園を見渡せるように東方と北方の2方向に縁側を廻した純和風の意匠です。



《  1階の木造の天井 違い棚の格子のようで面白いです 》

 1階は、木質を全面に出し天井が低く、庭と一体となった自然色な雰囲気でやや暗いです。



《 四角錐の塔屋 屋根縁に手摺りがあり降雪はどうするのでしょでしょうか 》

 2階は1階と同じく庭園を見渡せる東北角に宮殿のような八角形ドーム塔屋を突き出た形で配置されています。



《 南西前面に広がる日本庭園 枯山水が広がっています 》

 屋根は尖塔が配置された洋風に仕上げられています。



《 この透かし襖は額縁があり木枠の格子は迷路のようです 》

 日本庭園に対して、極端に洋風な景観を醸し出しています。庭園は、築山式枯山水・池泉回遊式を併せたものです。



《  高級そうな棚だが蛍光色は螺鈿でも彫り物でなく塗ってあります 》

<評価 70クラス>
 盛美館は、郷土の豪農、資産家の清藤盛美が造ったものです。平川市は、南津軽郡尾上町・平賀町・碇ヶ関村が平成18年に合併で生まれました。観光スポットとしては、盛美園のほかに、猿賀神社(さるがじんじゃ、本殿が3間)が有名です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック