歩く 2階までが装飾的銀行様式 旧川崎貯蓄銀行富沢町支店

 2階までが装飾的銀行様式 旧川崎貯蓄銀行富沢町支店
 東京メトロ日比谷線人形町駅徒歩3分 2014年6月20日(金)歩く
 ハリオグラスビル
 東京都中央区日本橋富沢町9-3
 鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建
 昭和7年建築



《 古典的銀行建築で装飾的です 14.6.20撮影 》

 北西角の角切り部に営業室玄関を設けています。



《 なぜか装飾は2階まで 3階はパラペット風です 》

 北及び西面に溝を彫ったコリント式大オーダーを廻しています。



《 豊穣を示す窓の飾り 銀行の利子が重く帰ってきます 》

 1、2階を貫くコリント式の大オーダーが2つの通りに面して並べられています。



《 通用口がの庇が手を抜くこと無く様式が守られています 》

 コリント式は、ドーリア式、イオニア式と並ぶ主要オーダーで、最も装飾的です。



《 隅切りの玄関の上に見事なシェル、ウィング、唐草を回しています 》

 隅切りされた玄関は、コリント式1スパンにイオニア式とドーリス式を巧みに奥まって組合せ、奥行きのある迫力を出しています。



《 玄関は2重扉 両脇に付け柱のイオニア式とドーリス式が埋め込みます 》

 旧川崎貯蓄銀行として建設されましたが、常陽銀行支店として使われた後、閉鎖されましたが、創業記念事業として、本社を移転しました。



《 右側面 1,2階を貫くオーダーだが付け柱式で装飾的に真似ただけです 》

 現在は耐熱ガラス食器会社のショールームを兼ねたハリオ本社ビルとして活用されています。



《 オーダーのアカンサスの葉は本格的で外に飛び出す勢いです 》

<評価 55クラス>
 建物を建てる場合、敷地が道路と接していることが、絶対条件となります。街中で交差点に敷地が接する場合、敷地を隅切りする必要が生じます。また同時に商店など建物が道路に面した方が好都合な場合は、建物自体が隅切りした構造が求められます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック