歩く 玄関に旧橋津警察署を復元した白亜の警察建築 橋津地区公民館

 玄関に旧橋津警察署を復元した白亜の警察建築 橋津地区公民館
 JR山陰本線倉吉駅バス20分徒歩5分 2014年4月28日(月)歩く
 鳥取県東伯郡湯梨浜町橋津177
 木造一部鉄骨2階建て
 平成2年建築 昭和6年復元



《 玄関のみ復元のためややフラットな印象です 14.4.28撮影 》

 実際の旧橋津警察署は、その後、役場から農協と変遷し、昭和60年代初期に取り壊されたといいます。



《 内部は公民館として地区の機能が揃っています 》

 旧橋津警察署と新公民館を見比べると、旧警察は明治時代のシンボルであるため、1、2階の4本づつの柱が装飾性が高い。



《 玄関の柱は4角の細い柱として復元されています 》

 建物本体部分も公民館はフラットな印象だが、旧警察署は屋根下の壁の層が多く厚いし、上げ下げ窓の木枠が装飾性が高いようです。



《 公民館左横は大きな町営グランド 施設が集中しています 》

 しかし、新公民館は地域のシンボルとして全館が近代的な調和のとれたバランスがとれた建物です。



《 耐久性を重視した鬼瓦です 》

 湯梨浜町にある橋津の藩倉は、鳥取藩最大の藩倉として海運の拠点として利用されていました。



《 2階のバルコニーは丸柱と四角柱2本づつの組み合わせです 》

 至近にハワイ海水浴場があります。



《 軒下に木製のような細かい装飾を付加しています 》

 ハワイ風土記館があります。 



《 建物の四隅はコンクリの隅石 旧警察署なら黒で目立たせていたでしょう 》

<評価 55クラス>
 湯梨浜町は、ゆなしはまではなく、ゆりはまちょうと読ませます。鳥取県の中央に位置する日本海に面した町です。ハワイと読むため有名となった羽合町、そして泊村、東郷町が合併して誕生しました。二十世紀梨の産地でも有名。町名は、町の特色である温泉(湯)、二十世紀梨、砂浜から付けたと言います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック