歩く 文明開化のハイカラな建物 旧朝野新聞社

 文明開化のハイカラな建物 旧朝野新聞社
 JR総武線両国駅徒歩5分 2014年1月30日(木)歩く
 当時東京都千代田区銀座4丁目
 東京江戸博物館
 入館料600円
 鉄筋コンクリート、2階建て
 明治9年建築、明治27年改築 



《 正面入り口が交差点に向き目立ちます 14.1.30撮影 》

 社屋は現、東京都千代田区銀座4丁目の和光の場所にありました。



《 四角い建屋でひとつ三角のペディメント 正面性を強調します 》

 新聞社が並び交差点に向いた建物は、当時の花形でした。



《 2階ベランダ回りに低いトックリ形の手摺りです 》

 朝野新聞は、政論新聞として初めて紙面に社説欄を常設した事で知られます。



《 厚い隅石を互い違いに貼り付け非常に目立ちます 》

 朝野とは、1. 朝廷と民間、2. 全国。世間。天下の意味があるそうです。



《 正面左側 5本の列柱が2階を貫き一体感があります 》

 全盛期には年"640" height="480">
間約300万部を発行しました。



《 正面右側 柱はドーリア風のオーダーです 》

 建物を中央に置く社屋図を東京名所銀座通朝野新聞社盛大之真図として三代歌川広重が描いています。



《 路盤に赤れんが 本来なら目字詰めをすべきです 》

 明治27年この社屋を買って服部時計店が設計改築しました。



《 正面 交差点中心に向いており歩行者に関心があったようです 》

<評価 60クラス>
 銀座は、およそ400年前徳川家康が日比谷入り江を埋め立ててできたという。駿府にあった銀座役所が移転して銀化鋳造所ができたため、銀座の名が付きました。 明治5年、銀座は銀座大火に見舞われ、銀座一円が焼失するという大きな被害を出しました。 そこで不燃都市を目指し、銀座に煉瓦街の建設が行われることになりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック