歩く 3本柱の車寄せと高い望楼 大きい旧四郷村役場

 3本柱の車寄せと高い望楼 大きい旧四郷(よごう)村役場
 近鉄八王子線西日野駅徒歩7分 2013年9月23日(月)歩く 
 三重県四日市市西日野町3375
 木造2階建て
 大正10年建築



《 玄関車寄せは立派で建物も役場として大きいです 13.9.23撮影 》

 玄関車寄せから入ると正面に2階への階段があり、踊り場にはアーチ型の大きな窓が開いています。



《 階と階の間が高く薄ピンクの庁舎が大きく見えます 》

 1階は事務室や村長室などがあり、2階にはアールデコ風の装飾が施された天井をもつ村会議場や小会議室があります。



《 大きく張り出した車寄せの上に定番のバルコニーです 》

 南東の塔屋には狭いらせん階段が3階まで通っています。



《 バルコニーの前柱がなんと3本づつ 後ろは1本づつなので安全対策です 》

 時計台と同じように塔があり、また塔の上の屋根の形状が特徴的な美しい洋館です。



《 軒下換気口が美しい 凝った飾りです 》

 風致地区に隣接し、木造2階建て一部3階建てです。



《 破風はフィッシュボーン模様 支える感じが丁度よいです 》

 立派な車寄せや3階建ての望楼は、当時の役場としては、目を見張るものがあります。



《 時計台のように高い望楼 屋根が山型で遠目に目立ちます 》

 木造の外壁は、この時期の公共建築によく見られるハーフティンバー風です。



《 1Fが資料展示 現在、四郷郷土資料館です 》
 
 旧役場の最寄り駅は、近鉄八王子線西日野(にしひの)駅です。以前は伊勢八王子駅まで路線が延びていたが、集中豪雨後終点駅となりました。



《 ハーフティンバーで四面を囲み校舎のように大きいです 》

<評価 55クラス>
 四日市市は、津市を上回る県下一の人口を誇る工業都市です。市名は、想像どおり四のつく日に市がたったことに由来します。かつての大気汚染は改善され、 郊外では江戸時代から蜃気楼が見られたことでも有名だと言います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック