散策 近代洋館に一体となって隣接する生活空間 旧諸戸清六邸・和館

 近代洋館に一体となって隣接する生活空間 旧諸戸清六邸・和館
 JR東海関西本線桑名駅徒歩25分 2013年9月23日(月)散策
 三重県桑名市大字桑名663-5
 入苑料300円
 木造平屋造り一部2階建て
 大正元年建築



《 洋館は有名なコンドル 一体の和館は棟梁です 13.9.23撮影 》

 米の売買,土地経営などで財をなした実業家二代目諸戸清六の新居として大正元年に洋館より1年早く竣工した和館です。



《 和館の玄関 生活くささはなくいくらか背が高いです 》

 和館は洋館に連なり、複数の蔵などの建造物と池泉回遊式日本庭園があります。



《 生活の中心であったため手入れは行き届いています 》

 洋館の竣工より1年先の大正元年に上棟されました。



《 庭は洋館からも見えひろびろとして美しいです 》

 洋館と和館を併設する場合、別棟とすることが多かったが、諸戸邸では洋館より広い和館が壁を接して直に接続されていま
す。



《 特に凝ったつくりはないが使いやすい部屋が多くあります 》

 普段の生活は和館が中心だったという。



《 多くの部屋をまたぎ行き交う長い廊下です 》

 周囲を巡る板廊下が配置されています。



《  畳の大部屋 柱がなく平屋建てならではの造りです 》

 北側の内庭に面する板廊下と各部屋の間には主人と家族、客人が使うための畳廊下が設けられています。



《 鬼瓦に家紋の違い鷹の羽根 やや控えめです 》

 六華苑と名付けられています。

<評価 55クラス>
 洋館を立てる場合、洋館は接客空間で和館を生活空間とする場合が多い。やはり日本人だと使用人を含めて、日本式で生活することになるのだろう。池之端の旧岩崎邸、目黒の旧前田侯爵邸も同様です。国の大臣官舎など洋館や和館を指示して造った時期もあるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック