歩く 違和感あるがお告げではやむを得ない 台湾からの聖天宮

 違和感あるがお告げではやむを得ない 台湾からの聖天宮(せいてんきゅう)
 東武東上線若葉駅バス5分徒歩4分 2013年11月24日(日)歩く 
 埼玉県坂戸市塚越51-1
 拝観料300円
 平成4年建築



《 天門が見事 台湾宮大工の技術炸裂です 13.11.24撮影 》

 聖天宮は、台湾の伝統宗教、道教のお宮(道教宮観)です。



《  細工は緻密だがどこか軽やかに作るのが台湾の特徴です 》

 聖天宮は台湾出身の大富豪の大法師が建立しました。



《 基本は中国宮廷建築だが色遣いはけばけばしいです 》

 大法師は、若くして不治の大病を患ったがに祈願し、7年の闘病生活を経て病が完治した。



《 神に弦楽器を捧げる 物語性がある絵です 》

 大法師は感謝の気持ちを抱き、他の多くの人々も自身と同じようにすがれるようお宮を建てることにした。



《  鼓楼 花火がはじけたようなにぎやかさが好きなようです 》

 日本国埼玉県坂戸市に建立するようお告げがあったという。



《  建物の四隅は反りを持って天井へ向きます 》

 宮内の主な施設は、本殿、前殿、天門、鼓楼、鐘楼、客庁、行事場、中庭、前庭、外苑・休憩所等です。



《  金による煌めきだけなら日光東照宮の陽明門にも劣りません 》

 装飾品は、台湾より運び、台湾の宮大工によって建造されました。



《 前殿 壁に珊瑚のような透かし彫り風の意匠です 》
 
<評価 65クラス>
 道教(どうきょう)は、中国三大宗教(他に儒教・仏教)の一つです。中国の大多数民族である漢民族の土着的・伝統的な宗教です。長命を得ることは道を得る機会が増えることであり、奨励されます。真理としての宇宙観には多様性があり、中国では儒・仏・道の三教が各々補完し合って共存しているとするのが道教の思想です。食生活においても何かを食することを禁ずる律はなく、さまざまな食物を得ることで均衡が取れ、長生きするとされます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック