散策 大きそうに見えてそうでもない 旧大阪電気軌道変電所

 大きそうに見えてそうでもない 旧大阪電気軌道変電所
 近鉄奈良線富雄駅徒歩1分 2013年9月23日(月)散策 
 奈良県奈良市富雄北1-1
 外壁レンガ造り2階建て
 大正3年建築



《 奥建物 白の花崗岩を配し威風堂々としています 13.9.23撮影 》

 正面は花崗岩のキーストンによるシンメトリーを強調したデザインです。
 


《 単調になる変電所をしっかりデフォルメしています 》

 堂々としているが、建物はさほど大きくなくスケールにだまされそうです。



《 正面に後付けの空気取り入れ口 換気と耐震が大変そうです 》

 建物前面には以前花屋さんだった店舗があって隠れてしまっています。



《  駅そばだろうから関連する洋風駅舎も見たかったです 》

 旧変電所は3連アーチやキーストーンなどがあしらわれ単調さを払拭しています。



《 鉄道は地域の文化発展のシンボルだったろうから意匠に力が入ります 》

 すぐ目の前が近鉄奈良線の富雄駅です。鉄道に近いのは鉄道変電所なので当然です。



《 旧変電所だけでなく歩道もレンガ調 耐久性強度は心配です 》

 アコールドゥというフレンチレストランになっています。



《  中段に換気口のような穴が6つ 変電所のなに? 》

<評価 55クラス>
 電車は、供給側には架線を使用し、パンタグラフ擦り板で集電します。電気の戻りは、線路を使用します。日本では、戻りとして使用される線路は人が触っても感電することの無いような低い電位にされています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック