訪問 ガラスと黒壁で縦線を強調 神流町中里中学校体育館

 ガラスと黒壁で縦線を強調 神流町中里中学校体育館 
 JR八高線群馬藤岡駅バス35分 2013年11月4日(月)訪問
 群馬県多野郡神流町神ケ原422
 地上2階地下1階
 平成15年建築



《 ガラスをふんだんに取り入れ明るいです 13.8.11訪問 》

 早稲田大学古谷誠章研究室の設計によります。



《  道路側は南面で自然光でも明るいです 》

 日中は自然採光のみで利用できるよう、開口部を多く設け、日除け、遮光の二重のカーテンで光量を調整します。



《 傾斜地に建物を作る大変さ 右側は車庫にしています 》

 屋根、天井、内壁などに三寸角の地場産杉材を多用しています。



《 入り口に円筒の空いたコンクリートステップです 》

 新しい木材使用方法による目に優しく、居心地のよい木質空間です。



《 明るい体育館だが天井はしっかり遮光しています 》

 神流町は、神流川で区切られていた万場町と中里村とが合併しました。



《  デザインはよいが収納はだんだん悪くなるでしょう 》

 日本で最初に恐竜の足跡の化石が発見されたことで知られます。



《 体育館は柱がないだけ強度は必要 横面はコンクリート壁です 》

 体育館だけでなくローカル用に多目的に使える



《 生徒も最近のカフェと同じで見られる意識が芽生えます 》

<評価 55クラス>
 旧中里村で、最初の恐竜の足跡の化石が発見されました。スピノサウルス類、オルニトムス類(通称サンチュウリュウ)、獣脚類、足跡です。スピノサウルスは、肉食恐竜。サンチュウリュウは、山中地溝帯と呼ばれる地層から発見されたため、その名が付きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック