歩く マンサード屋根の役場建築 旧椎名村役場

 マンサード屋根の役場建築 旧椎名村役場
 京成千原線おゆみの駅徒歩15分 2012年12月23日(日)歩く
 緑区役所椎名市民センター
 千葉県千葉市緑区富岡町318
 木造2階建て
 昭和7年建築


《 役場建築の洋風2階建て 枯れた緑色です 12.12.23撮影 》

 緑区役所椎名市民センター。区役所の行政事務の出張所として使われている。



《 玄関天井の照明は田舎では相当暗いでしょう 》

 緑区は、千葉市を構成する6区、中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区の内の1つ。



《 玄関庇は大きく出ている 形に意匠が必要です 》

 千葉市の一番南に位置する。



《 特徴的なマンサード屋根 2階の事務室等も十分使えるでしょう 》

 区内各所では宅地造成が進み、人口は増加傾向にあるが、未だに緑地も多い。



《 屋上付近の5本のサポート 完全に装飾用でしょう 》

 鎌取駅を中心とするおゆみ野、土気駅を中心とするあすみが丘は、ニュータウン地区である。



《 建屋裏側 2階下見板に対して1階の増築部分は汚いです 》

 千葉市のうち、旧千葉郡誉田村、椎名村、山武郡土気町に、千葉郡生浜町のうちおゆみ野に属する部分を加えた区域から成る。



《 正面右側面 逆面と変えて2階は窓2つの意匠です 》

 緑区名は区域を代表する地名がないことから、公募から決定した。



《 マンサード屋根に配慮して板壁の境にマンサードの丸みを入れています 》

<評価 65クラス>
 最寄り駅は京成電鉄千原線のおゆみの駅である。ニュータウンであるおゆみ野地区の南部に位置する。千原線は、ニュータウン計画が鉄道免許より後からできたため、現おゆみ野・ちはら台のニュータウン区域を通るように変更された。そのため、ニュータウンの中央ではなく、南西の端をかすめるように通っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック