出席 にわか重視の再生可能エネルギー 経産省エネルギーセミナー

 にわか重視の再生可能エネルギー 経産省エネルギーセミナー
 JR総武線千駄ヶ谷駅徒歩10分 2012年5月16日(水)出席
 日本青年館ホテル 3F国際ホール
 地上9階地下3階
 昭和54年建築



画像
《 国内クレジット制度は平成20年から政府の取組みとして開始 12.5.16撮影 》

  平成24年7月1日から始まる再生可能エネルギー固定価格買取制度、CO2排出削減による助成金制度、夏期の電力需要対策等を主な内容とするエネルギーセミナーが開催された。



画像
《 温室効果ガス削減クレジット 経済的な売買ができる 》
     
(1) 再生可能エネルギーの固定価格買取制度    経産省関東局エネルギー対策課長
 「・再生可能エネルギー特措法が7月1日に施行される。従来、太陽光の余剰電力買取制度であったが、地熱・風力・中小水力・バイオマスなど全てが対象となり、今後、大幅な拡大を見込んでいる。これによって、再生可能エネルギー源の事業化や、新たな市場参入、関連投資の拡大等の動きも期待される。
  ・買取条件などの制度の詳細は、パブコメを経て詰める予定である。バイオマスの調達区分で買取金額が変わる点など事業化する際は注意を要する。
  ・配布した支援制度のパンフは前例にないくらい増刷している。利用されたい」。



画像
《 技術力をすべて推進する時期だとにわか重視が目立つ 》

(2)国内クレジット制度について   広報室長補佐
 「 経産省に、制度はできたが買い手が見つからない、手続き費用が掛りすぎるとの批判がある。改善したので、大幅な推進を期待している。知っている企業はやっている」。



画像