洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く ゆったり過ごす 塩沢湖畔の軽井沢タリアセン

<<   作成日時 : 2011/09/05 06:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ゆったり過ごす 軽井沢タリアセン
 しなの鉄道中軽井沢駅バス15分徒歩10分 2011年7月17日(土)歩く
 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217



画像
《 園内を塩沢湖からの水がゆったり流れている 11.7.17撮影 》

 軽井沢タリアセンは長野県北佐久郡軽井沢町にあるレジャー施設。



画像
《 足こぎボートがいくつもあるが湖の水は濁っていた 》

 タリアセン とは、建築家ライトの用語で、古代ウェールズの詩人の名前であり、直訳すると輝く額の意である。



画像
《 フロートボールの中で人が歩くと少し進める 》

 一級河川泥川の流れを引き込んで造られた人造湖の塩沢湖の湖畔に自然を再生した。



画像
《 大木の根元ではコケが生え年月を感じさせる 》

 西洋式庭園、美術館、レストランなどを造り、歴史的建造物を移築し、遊歩道を巡らせたレクリエーションゾーンである。



画像
《 園内にアクセントとして風見鶏らしきものがある 》

 泥川は、信濃川水系で軽井沢町の大字発地に源を発し、軽井沢バイパスの南側を並行して流れ、軽井沢タリアセンの南を流れ、軽井沢町長倉で湯川に合流する。



画像
《 パワースクウェアのように通ると力が湧いてくる 》

 イングリッシュローズガーデンは、約200種1,800株のイングリッシュ・ローズを栽培する。



画像
《 エントランス沿いにいくつものパワースクウェア 》

 洋館の明治四十四年館、ペイネ美術館、軽井沢高原文庫、堀辰雄山荘、旧朝吹山荘などがある。



画像
《 出入口に大締めとなるパワースクウェア 》

<評価 55クラス>
  軽井沢の塩沢湖といえば高度成長期には、テニス合宿のメッカだった。テニスコートの数が間に合わず、多くの若者が溢れながらブームを楽しんだ。時が過ぎ、今はコートも放置されている。暑い中で汗をかく楽しさを思い出したい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く ゆったり過ごす 塩沢湖畔の軽井沢タリアセン 洋館・旅・美術館めぐり【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる