散歩 三井家の迎賓館 ルネサンス様式の綱町三井倶楽部

 三井家の迎賓館 ルネサンス様式の綱町三井倶楽部
 東京メトロ南北線麻布十番駅徒歩8分 2011年2月1日(火)散歩
 煉瓦石混造ストレート葺き
 地階つき2階建
 東京都港区三田二丁目3-7
 明治43年建築



画像
《 半円の窓と四角い柱で単純な図形の面白さを示す 2011.2.1撮影 》

 綱町の名は、旧芝三田綱町の地名から付きました。




画像
《 ゴシック様式の意匠性を残した丁寧な足が揺らぐ装飾です 》

 三井グループ関係者の倶楽部として用いられているが、一般公開はされていない。




画像
《 飾りの四角い塔屋 実用的な明かり取り窓です 》

 日向坂を登りきった場所にあり、隣に駐日オーストラリア大使館、正面には株式会社かんぽ生命保険東京サービスセンターがあります。




画像
《 入り口のフェンスはハートを型どったオシャレな意匠です 》

 三田二丁目の斜面と高台に位置し、高台上に建築物が存在し、南側の斜面及び低地に庭園が広がります。




画像
《 貴金属の鏡を思わせる縦長の装飾です 》

 近年まで、佐土原藩藩邸の長屋がそのまま現存していたが、港区の道路拡張工事により撤去されたという。




画像
《 唐草をデフォルメしたような丸みと厚みがある装飾です 》

 西洋庭園と日本庭園があります。




画像
《 財閥三井家の家紋 隅立て四つ目結という 》

 島津佐土原藩藩邸跡に三井総領家第10代当主三井八郎右衞門高棟がジョサイア・コンドルに設計を依頼しました。




画像
《 つやありタイル 吸水性でないので劣化しにくい 》

 三井財閥の迎賓館、社交場として使われました。




画像
《 重厚な外構が道路に沿って延々と続きます 》

<評価 55クラス>
 三井財閥は、伊勢松阪に質屋兼酒屋の三井越後屋を開いたのが起源という。戦前の四大財閥、三菱・住友・三井・安田のひとつです。岩崎家の同族主義が強かった三菱財閥に対し、有能な人材を多く配したことから、人の三井、組織の三菱と言われました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック