出席 水ビジネスを考える 水環境シンポジウム

 水ビジネスを考える 水環境シンポジウム
 都営大江戸線麻布十番徒歩5分 2010年6月中旬出席
 三田共用会議所
 東京都港区三田2-1-8


画像
《 三田共用会議所 中央省庁が共同で使用する目的で建築 10.6.中旬撮影 》

基調講演
 講師 俳優・神奈川県川崎市教育委員N氏
  「 俳優の仕事が暇なせいもあり、自宅近くの多摩川で子どもたちと川遊びを経験した。その体験を通していろいろ気付いた。
①教えないと子どもたちがカニをスプーンで捕っていた。体内に大人には物差しがあるが子どもにはないと感じた。
②5月頃に川でバシャバシャしているのは鯉の産卵である。多摩川では一番鯉が生み付けていたのはゴミのレジ袋だった。鯉は立派に生きるしゴミも役立つ。
③多摩川は羽村の取水場で水を全部とるので、下流はほとんど生活排水である。
④川が好きになり鯉のふ化のため自宅マンションに27基水槽を設置した。
⑤現在、多摩川の学校で救命胴衣がクラスの個人の物入れに常備されるまで取り組めた。
⑥下水処理場が多摩川をきれいにしている。自信を持っていい。処理水で魚を泳がせている場合ではない。
⑦いきなり地球環境を考えるのではなく、足元がつながることで、愛が環境を作ると感じた」。



画像