出席 国立環境研究所シンポジウム 低炭素社会の実現に向けた環境技術

 国立環境研究所シンポジウム 低炭素社会の実現に向けた環境技術
 東京メトロ東西線九段下駅徒歩5分 2010年2月26日(金)出席 
 千代田ファーストビル南館
平成19年建築
◆基調講演
 低炭素社会へのエネルギー環境政策と技術
                                     一橋大学教授
  グリーン・ニューディールの考えは、環境技術を用いて省エネや効率向上を図り、経済問題を解決することにある。



画像
《 住友系の新しいビル ガラスが広くキラキラしている 10.2.26撮影 》

◆ 一般講演
(1) ゼロエミッション化に向けた、ヒートポンプ技術の周辺動向
                 (財)ヒートポンプ・蓄熱センター 
    ヒートポンプは温度範囲が広いので暖冷房システムを中心に今後も成長する。 
(2) 清掃工場の排熱利用水再生システム
                    東京ガス(株)技術研究所
ごみ焼却場で約47%の未利用熱の低温排熱に着目し、加圧濃縮処理をすることにより、1億円ランニングコストを削減できた。水再生に当たって脱Caを予測し固形化した。  
(3) 低炭素社会の実現に向けた太陽光発電への取り組み
                (株)東芝
 太陽エネルギーは人類の消費エネルギーの約63倍のエネルギーが採取可能であり、ドイツ予測でも2050年には第一位を占める。当社は電池を作るつもりはないが、メガシステムでリーダーを目指す。



画像