探訪 美しい正円形の部屋が続く 星野富弘美術館

 美しい正円形の部屋が続く 星野富弘美術館
 わたらせ渓谷鉄道神戸駅バス15分 2010年1月24日(日)探訪 
 群馬県みどり市東町草木86
 2005年建築 1階建て

 星野富弘氏は、大学卒業後、1970年に高崎市立倉賀野中学校に体育教師として着任したが、2ヵ月後に体操部の指導中、宙返りの模範演技の失敗により頸髄損傷の重傷を負い、肩から下の機能が麻痺する。
 口にくわえた筆で水彩画、ペン画を描き始め、後に詩を添えるようになった。


画像
《 建物の外観からは分からないが四角い敷地に33円筒が入る 10.1.24撮影 》

 群馬県みどり市東町の草木ダムのすぐそばに建つ。

 
画像