拝見 輝きを待つ人知れず残る駅舎 旧博物館動物園駅

輝きを待つ人知れず残る駅舎 旧博物館動物園駅
JR東北線上野駅徒歩5分 2010年2月2日(火)拝見
東京都台東区上野公園


《 国会議事堂の頭の部分と同じ形の駅舎が残ります 10.2.2撮影 》

博物館動物園駅は、東京都台東区にあった京成電鉄本線の駅です。



《 国立博物館の並びの交差点にひっそりと立つ 物置かトイレに見えます 》

昭和8年の京成本線開通にあわせ、東京国立博物館・国立科学博物館・恩賜上野動物園や東京藝術大学などの最寄り駅として開業しました。



《 上部の立ち上がった装飾は瓦のように見立てて面白いです 》

その後の老朽化や乗降客数の減少に伴い、平成9年に営業休止、平成16年に廃止となりました。



《 装飾を削り取ったような跡が横に等間隔に残ります 》

廃止後も駅舎やホームは現存します。



《 信号の下で博物館、芸大、黒田記念館、奏楽堂の文化施設を監視します 》

国会議事堂中央部分のような西洋様式の外観が特徴で、国会議事堂よりも古い。



《 西洋の葉を模したような立ち上がった形の装飾 磨けば光ります 》

現在は入り口は閉鎖されています。



《 京成が便利駅として開通した この入口から地下深く今もホームが残るという 》

 地下施設のホームや改札も休止前の状態を保っており、列車が通過する際のわずかの間に見ることができます。



《 ギリシャ式ドリスオーダーの駅舎の柱です 》

 上下線とも進行方向左側を眺めていると、地下道、地上への階段、案内表示などがそのままであるのが分かります。



《 台座や柱に赤御影石が使われている 緻密で固いです 》

<評価 55クラス>
 平成9年まで駅舎として使われていたようだが記憶にない。文化の要衝にあってたくさんの人が小さな入口から出てきたかと思うと想像は膨らむ。小さな子供を中心に動物園や遊園地に向かったのだろうが多様化や少子化とともに団体が減ったのであろう。磨いて装飾をかければ光輝く。ひっそりとその時期を待っているように感じます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック