拝見 生涯描き続けたフランス印象派画家 ルノワール東京展

 生涯描き続けたフランス印象派画家 ルノワール東京展
 東京メトロ千代田線乃木坂駅徒歩1分 2010年1月31日(日)拝見
 観覧料 1500円
 ルノワールの代表作を含む約80 点を通して美術史の新しい視点から魅力を探り、また本展を機に行われた光学調査により、画家ルノワールの技法が分かります。


画像
《 会場の国立新美術館 全面ガラス張りの明るい外観 10.1.31撮影 》

 ピエール=オーギュスト・ルノワール (Pierre-Auguste Renoir、1841年)
 フランスの印象派の画家です。風景画、花などの静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。初期には印象主義のグループに加わるが、後年は古典絵画の研究を通じて画風に変化が見られ、晩年は豊満な裸婦像などの人物画に独自の境地を拓いた。晩年の20年余は慢性関節リューマチに苦しんだが、78歳の生涯を閉じるまで休むことなく制作を続けました。



画像