出席 環境省経済産業省バーゼル法等説明会

 環境省経済産業省バーゼル法等説明会
 JR京浜東北線大井町駅1分 2010年2月2日(火)出席
 品川区立総合区民会館 きゅりあん小ホール

 海外との再利用品及び廃棄物の輸出入について、バーゼル条約及び担保法のバーゼル法・廃棄物法の説明がありました。


《 きゅりあんは意味は不明だが民間と複合することによって駅近の利便施設として活用する 》

◆ バーゼル条約、バーゼル法及び廃棄物処理法の概要
          環境省関東地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策係長 
 バーゼル条約は新品には適用しない。リユースは該当しないが廃棄物まがいの品が多いため苦労している。中国で泥付きの農業用シートで双方が合意して輸出したものが法的にダメと言われた例がある。中古テレビはベトナムやフィリピンに送られ10年くらい使われるが廃ブラウン管は日本でも一番リサイクルが難しいので将来が心配される。


《 海外との取引は相手国の事情が重要だが公序良俗に反してはならない 》

◆ 輸出入に当たっての必要な手続きについて
        経済産業省 産業技術環境局環境指導室 越境移動係長
汚れたプラスチックを送って2年間禁止となった例があるので注意されたい。税関で貨物、外為法、バーゼル法を見る。当省も呼ばれる場合がある。バーゼル法は廃棄処分とリサイクルが対象というが、廃棄の場合は日本以上の処分又は日本で処分できないものに限るため、実質的にはない。 


《 会場はガラスを多く取り入れ明るくかなり安く造られた建物です 》

◆ 質 疑
 Q1 鉄スクラップを輸出したいが注意点はなにか。 
 A 異物の混入と油分で廃棄物扱いとなる例が多い。
 Q2 バイオマス燃料を輸出したいがどうか。
 A 相手国に技術があることが証明できればよいが現段階では困難とされる例が多い。
 Q3 人の臓器を使って新薬を外国で作りたいがどうか。
 A 感染性があれば特管廃棄物となりバーゼル法対象となる。
<評価 50クラス>
 バーゼル条約は、スイスのバーゼルにおいて採択された、正式には「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」をいい、一定の廃棄物の国境を越える移動等の規制について国際的な枠組み及び手続等を規定した条約である。輸出する側により厳しい手続きを定める条約である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック