拝見 遺言により建設された美術館 黒田記念館

 遺言により建設された美術館 黒田記念館
 JR東北線上野駅徒歩7分 2010年2月2日(火)拝見
 東京都台東区上野公園12-53


《 茶色のスクラッチタイルが慶応義塾の塾鑑局を思わせます 10.2.2撮影 》

 昭和3年建築です。



《 中段上部に2本づつのイオニア式列柱が8本並びます 》

 鉄筋コンクリート造2階建半地下階付です。



《 入り口アーチの上部台座に9個の冠の唐草の装飾が並びます 》

 建築面積463㎡、煙突付きです。



《 列柱の台座部分は四角の石板の上に丸く膨らませる意匠にしています 》

 東京芸術大学音楽学部敷地と同ブロックの角地に建ちます。



《 長形のタイル部分に四角枠でより小さなタイルをいれ装飾に見立てています 》

 黒田清輝の遺言により建設された美術館施設で,2階に展示室を設けます。



《 アーチ型窓を凹ませた上に窓に沿って小さなタイルで飾り膨らませて立体を強調します 》

 黒田清輝は、 代表作の湖畔(1897年)は黒田記念室にあります。のちの清輝の妻がモデルで箱根芦ノ湖の観光船の乗り場といわれています。



《 入り口両側下部の壺 鳥か蝶のような紋様が見えます 》

 外観はスクラッチタイル張りです。



《 入り口上部両脇にある外灯 よく洋館入口で見ます 》

 正背面2階中央にイオニア式列柱6本を配しています。



《 入り口上に右から黒田記念館 装飾の唐草とウィングが丁寧です 》

 ほぼ左右対称の端整な立面を作ります。



《 窓の下だけのレンガタイルの装飾です 》

<評価 55クラス>
気が付きにくい位置にあるせいか目立たない。スクラッチタイルは汚れているように見えます。美術館に見えないが中段のイオニア式列柱が違和感を強調しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック