拝見 生物の多様性を脅かす特定外来生物展示

 生物の多様性を脅かす特定外来生物展示
 川の博物館
 東武東上線鉢形駅徒歩20分 09年12月6日(日)拝見

◆外来生物とは、人間の活動によって本来生息していなかった地域に持ち込まれた生物のことを指す。現在、日本の野外に生息する外来生物は2000種類いるといわれており、例えば、オオクチバス、アメリカザリガニ、シロツメクサなど。
◆地域の自然環境に大きな被害を与え、生物の多様性を脅かすものを、特に侵略的外来生物という。対策として、侵略的外来生物の分布拡大を阻止し、地域から排除することが重要。


画像
《 全長14cm。背面の羽毛は暗緑色。眉斑から頬は薄い黄色 》

 相思鳥  営巣場所が競合するウグイスやオオルリが駆逐される危険があり、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。


画像